シャープのスマホ「AQUOS zero」 SIMフリーモデル

J-CASTトレンド / 2019年4月10日 14時30分

世界最軽量の大型スマホ・SIMフリーモデル

シャープは、SIMフリースマートフォン「AQUOS zero SH-M10」を2019年4月9日から順次、MVNO(仮想移動体通信事業者)各社などを通じて発売していく。

リアルかつ色鮮やかな映像を楽しめる

スマートフォン「AQUOS」シリーズ史上最大、国内生産の約6.2型WQHD+(2992×1440ドット)有機ELディスプレーを搭載。中央に向かって緩やかに盛り上がる独自の"ラウンドフォルム"を採用し、指の動きに合った自然なタッチ操作が可能だという。

100万:1の高コントラスト、デジタルシネマの標準規格「DCI-P3」カバー率100%の広色域を実現。高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」による滑らかな階調表現と豊かな色調で、リアルかつ色鮮やかな映像を楽しめる。

バックライトが不要の有機ELに加え、側面などのフレームにマグネシウム合金、背面に軽量・高強度のアラミド繊維「テクノーラ」の採用などにより重さ約146グラムを実現。6型サイズ以上・バッテリー容量3000mAh以上・IPX5以上の防水性能を備えたスマホとしては世界最軽量だという。

OSは「Android 9」をプレインストール。メモリーは6GB、内蔵ストレージは128GB。約2260万画素アウト、約800万画素インカメラを装備。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。SIMカードスロットはnanoSIM。容量3130mAhバッテリーを内蔵する。

カラーはアドバンスドブラック。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング