ミッキーとミニーが彦星と織姫に 「ディズニー七夕デイズ」

J-CASTトレンド / 2019年6月21日 12時26分

TDLの七夕グリーティング ミッキーが人力車に乗ってやってくる

東京ディズニーリゾートでは、2019年7月7日まで、七夕をテーマとしたスペシャルプログラム「ディズニー七夕デイズ」を開催している。夏を先取りするイベントで、梅雨で湿りがちな気分を吹き飛ばそう。

目線の高さが同じ!「七夕グリーティング」

シンデレラ城正面のパレードルートで行われる東京ディズニーランド(TDL)の「七夕グリーティング」は、ディズニーキャラクターを身近に感じられる、この時期限定のプログラムだ。彦星と織姫に扮したミッキーマウスとミニーマウスが人力車に乗って登場し、ディズニーの仲間たちと一緒に曲に合わせてグリーティングしてくれる。フロートとは違って同じ目線の高さで間近で挨拶してくれるから、うれしさも倍増だ。公演は約25分。

東京ディズニーシー(TDS)の「七夕グリーティング」は、メディテレーニアンハーバーで開かれる。TDLと同様、彦星と織姫に扮したミッキーとミニーが、ダッフィーやアラジン、アリエルなどディズニーの仲間たちと一緒に、七夕をイメージした船の上から挨拶する。公演時間は12分ほどだが、船がハーバーを数回、ぐるっと回るので、ミッキーたちを何度か近くで見られる演出となっている。

七夕グリーティングのエキゾチックな衣装はこの時期だけなので、押さえておきたい。

ウィッシングカードに願いごとを書いて結び付けよう

七夕といったらやはり、短冊に願いごとを書いて笹に結びたくなる。TDLならワールドバザール中央に、TDSならアメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある桟橋に「ウィッシングプレイス」が用意されている。

まずは、ウィッシングプレイス周辺で浴衣を着たキャストからウィッシングカード(短冊)をもらう。ミッキーをかたどっていてかわいらしい。近くに記入スペースがあり、テーブルにペンと紐が備えられている。そこで願いこと書き、専用の場所に結びつければいい。

ディズニーの仲間たちが書いたウィッシングカードも結びつけられているらしいので、探してみよう。

TDLのウィッシングプレイスは、夜になると七夕ならではの映像や音楽、光の演出が加わる「スターライト・ウィッシングプレイス」となる。天の川が流れる星空や星座などが映し出され、幻想的な七夕の世界にいざなう。

七夕だけじゃない楽しみ方も

いまなら七夕以外のプログラムも一度に楽しめるから、得した気分になれそうだ。TDSでは8月24日まで、夏をテーマにしたダッフィー&フレンズの夏のプログラム「ダッフィーのサニーファン」を開催。ケープコッド・クックオフ前などで、夏を満喫するダッフィーたちが出迎えてくれる。デコレーションやグッズ、メニューは要チェックだ。

さらに、映画「トイ・ストーリー4」の公開(7月12日)に合わせて、トイ・ストーリーの世界観が楽しめるプログラム「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー」をTDL、TDS両パークで9月1日まで開催している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング