目指せ「タイムラインのお洗濯担当」花王 アタック【ツイッターは仕事!企業公式「中の人」集合(5)】

J-CASTトレンド / 2019年9月2日 12時0分

花王本社にて、衣料用の濃縮液体洗剤「アタックZERO(ゼロ)」と

フェイスケアやボディケア製品にはじまり、数多くの商品を展開する花王(東京都中央区)。商品ごとにツイッターアカウントを運用するスタイルで、旬な情報を発信している。

その一角である「花王 アタック (お洗濯全般)」アカウントの特徴は、洗濯用洗剤「アタック」の紹介に留まらず、担当者が実体験をもとにした洗濯へのアドバイスを積極的にしている点だ。

洗濯で困っている人を助けるため、投稿範囲を「洗濯全般」に

【花王 アタック (お洗濯全般)】2017年5月に開設。「花王のお洗濯まわり公式アカウント」として、商品紹介や「洗濯」するうえで耳寄りな情報を紹介している。18年4月から現担当者が運用中。

担当者はコンシューマープロダクツ事業部門のファブリックケア事業部社員。自社洗濯用品にまつわるマーケティングが主業務で、商品づくりや広告制作、イベント企画など幅広く手掛けている。もとは情報発信ツールとしてアカウントを立ち上げ、事務的に商品紹介やキャンペーン告知をするだけだったが、「投稿内容を見ていて、『これはフォロワーから見て面白いのだろうか』と疑問を感じたため」ため、「中の人」として運用を始めた。

「ツイッターは『お客様から見て面白く、役に立つこと』が重要です。一方的に洗濯用品の情報を発するだけでは目に留めてもらいにくく、また『アタック』に関する新情報がそれほど頻繁に出てくるわけでもないので、投稿範囲を『洗濯全般』に広げようと考えました。せっかくお客様と直接つながれるツールを持っているのだから、洗濯で困っている人を助けたいと思ったのです」

よく見かけるのが、「漂白剤を使うと全部白くなってしまうのではないか」と悩むユーザーで、「『酸素系漂白剤であれば大丈夫』と教えている」という。またケチャップや泥で汚れた服の写真がツイートで送られてきて「どう洗えばいいか」と相談を受けることもあるそうだ。最近では、8月19日に投じた漂白剤にまつわるツイートが1.5万件のRT、2万いいねを獲得し、記事に取り上げられるほど話題になった。

「真っ白なTシャツが漂白剤で洗ったら想像の斜め上の色、例えば桃色に姿を変えてしまったという経験がある方はいらっしゃいませんでしょうか?

これは服に着いた日焼止めと反応してそうなったのかもしれません。洗剤につけ置きして何度かもみ洗いを繰り返せば元に戻る可能性が高いので諦めないで下さい」

「自分の五感で物事をとらえて、熱を込めて伝える」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング