ハイレゾ音源のネイティブ再生可 軽量デジタルオーディオプレーヤー

J-CASTトレンド / 2019年9月22日 18時0分

ハイレゾ音源対応の高音質をコンパクトボディーに凝縮

音響機器の輸入販売などを手がけるエミライ(東京都品川区)は中国FiiO Electronics製のデジタルオーディオプレーヤー(DAP)「M5」を、2019年9月20日から全国の家電量販店およびオーディオ専門店などで順次発売する。

スマホと接続すればハンズフリー通話できる

軽量コンパクトなアルミボディーに、歪みやノイズを低減するAKM製のDAC(デジタル/アナログ変換回路)チップ「AK4377」を搭載。PCMは384kHz/32bit(24bitに変換)、DSD128に対応する。CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」のネイティブ再生が可能だ。

Bluetooth(ブルートゥース)回路に「CSR8675」を採用し、AAC/SBC/aptX/aptX HD/LDACの各コーデックに対応。ハイレゾ音源のワイヤレス再生が可能だ。またBluetoothトランスミッター/レシーバーの両機能に対応し、様々なBluetooth機器と接続できる。

USB Type-Cコネクターを装備。USBストレージになるほか、384kHz/32bit、DSD128対応のUSBオーディオ出力やUSB DACとしても使える。

最大2TB対応のmicroSDカードスロットを装備。ライン/同軸デジタルの両出力に対応するヘッドホン出力端子を備える。デュアルマイクを搭載し、スマートフォンとBluetooth接続すればハンズフリー通話ができる。

タッチ対応の1.54型(240×240ドット)IPS液晶ディスプレーを搭載。容量550mAhバッテリーを内蔵し、最大13.5時間の連続再生が可能だ。歩数計チップを備え、歩数や消費カロリーの表示ができる。保護ケースにもなる透明クリップホルダーが付属。

カラーはBlack、Silver、Titanium、Red、Blueの5色(Black以外は10月下旬発売)。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング