2時間充電で最長120分稼働 外出先から操作できるロボット掃除機

J-CASTトレンド / 2019年9月24日 13時30分

スウェーデン発のロボット掃除機がさらに賢くなって登場

生活家電などを手がけるエレクトロラックス・ジャパン(東京都港区)は、ロボット掃除機「PUREi8(ピュア・アイ・エイト)」「PUREi9.2(ピュア・アイ・ナイン2)」を2019年10月1日から順次発売する。

掃除場所をアプリから指定する機能搭載

いずれも専用アプリと連携し、外出先からの操作で掃除ができる。部屋全体のマッピングと、内蔵したレーザーとカメラにより床上の障害物を3D検知する"障害物認識"を同時に行う「3Dビジョンテクノロジー」などの機能を搭載。家具にぶつかって傷つけたり、花瓶などを壊してしまう心配がないという。

充電切れが近づくと自動で充電台に戻り、充電が完了すると再び中断した場所に戻る「ピットストップ機能」を備える。

11月1日発売の上位モデル「PUREi9.2」は、アプリの操作で掃除する場所をエリアごとに選べる「FloorPlanner」機能を新搭載。曜日ごとにゾーンと時間を設定できる「お掃除予約」と組み合わせて使用可能だ。

「パワー」「通常」「サイレント」3つのモードを備え、充電時間を2時間まで短縮しながら最長120分(サイレントモード)の稼働時間を実現した。

カラーはダークゴールド。

約2.5時間の充電で最大約60分の稼働が可能なスタンダードモデル「PUREi8(ピュア・アイ・エイト)」のカラーはソフトホワイト。

いずれも価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング