マスクしていないと「入店拒否」増加中 「タオル巻く」「入れなかった」

J-CASTトレンド / 2020年5月22日 20時30分

「マスクしてないと入店拒否」店舗、非着用者への対応は

全日空が2020年5月21日、新型コロナウイルスの感染防止対策として利用客に空港や航空機内におけるマスク着用を求め、6月1日以降は、マスクを着用しない人の搭乗を断る場合があると発表した。

利用者の「マスク着用」を強く要請する企業が増えている。ツイッターには「マスクしてないと入店拒否なのか」と驚きの声が挙がっている。現在、マスク非着用者の入店を断っている店舗を取材した。

「トラブルには一切なっていません」

5月21日に緊急事態宣言が解除された大阪府で小道具などを販売する雑貨店は、4月上旬から「マスクを着用しての来店」を呼びかけており、ツイッターで「マスクを着用していない方の入店はお断り」と発信している。4月12日から5月6日まで改装準備のため休業していたが、5月7日から営業開始。同店のスタッフは「マスクをつけずに来店する人は、最近全くと言っていいほどいない」という。

「私が見たのは数人ほど。それも4月初めごろです。タオルを巻いて入ってもらった人もいましたが、どうしても鼻や口元を覆い隠すものがない人には個別に無料でマスクを渡しました。トラブルには一切なっていません」

「50円以上の寄付」でマスク提供

京都府で営業中の百貨店「大丸京都店」は5月18日、「営業における安全・安心への取り組みとお客様へのお願い」を発表した。マスクを着用しての来店を求め、そうでないと「入店はお断りさせていただきます」と公式サイトで説明している。

同店は自治体からの段階的な休業要請の解除を受け、5月19日から土日祝を除く平日のみ、営業時間を変更して全館の営業を再開したばかり。広報担当者に聞くと「私が見た限り、(マスクの)着用率は99.9%です。利用者の新型コロナウイルスへの危機感が強い」と答えた。

「5月22日の開店時の様子ですが、入店を待つ百数十人の利用者のうちマスクをつけていない人は3~4人ほどでした。うち1人だけが『忘れた』ということでしたが、あとは『持っているけど息苦しくて外している』などの理由でつけていない人でした」

着用し忘れた人には50円以上の寄付をお願いし、サージカルマスク1枚を渡したと説明した。なお、トラブルは現在発生していないとのことだった。

ツイッターには、マスク非着用の客の入店を断っている店が複数見られる。東京都千代田区で5月22日から営業再開した電子部品販売の「秋月電子通商 秋葉原店」は「当面の間マスクの着用のないお客様はご入店いただくことができません」とツイート。アニメ・コミック関連商品の販売チェーン店の「アニメイト」も「アニメイト池袋本店」、「アニメイト新宿ハルク」、「アニメイト名古屋」など各店舗のアカウントで5月6日に、

「ご来店いただく際にはお客様の【マスク着用】を必須とさせていただきます」

と投稿していた。実際に店舗を訪れたとみられる人から「アニメイトでもいくかっておもったけどマスクなくて入れなかった」、「アニメイトといえばこの前マスクしてなくて入店できない人がいました」との報告が複数ある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング