涼しげなデザインの「日焼け止めマスク」 明治27年創業の老舗浴衣店生地

J-CASTトレンド / 2020年7月27日 18時40分

夏用綿マスク「洗える夏用日焼け防止マスク」

着物店「京都きもの京小町」を展開するマルヒサ(京都市)は、夏用綿マスク「洗える夏用日焼け防止マスク」を公式オンラインショップで販売中だ。

UVカット効果のある生地で、夏に気になるマスク焼けを防ぐ。

髪をアップにしても日焼けしにくい

マスクの表地は綿100%で、裏地には綿100%の特殊な生地「Catlight」を使用している。この生地にはUVカットや汗の臭い成分の分解、抗菌といった作用などがある。これらの機能によって夏の紫外線から肌を守り、汗の臭いを防ぎ、素肌を清潔に保てるという。

また、紫外線だけでなく、生活空間に存在する人の目で見える光「可視光」でも、光が当たると接触してくる有害物質を除去する「光触媒機能」を発揮するとのこと。

マスクは約26(ヨコ)×約14.5(タテ)センチと大きめで、目の下からあご下、左右の耳の横までをすっぽりと覆う形になっており、髪をアップにした際でもマスク焼けがしにくい。

表地の浴衣生地には、明治27年創業の老舗浴衣店「三勝」の肌にはりつかず通気性が良い織り方の生地「綿紅梅生地」を採用している。白地で爽やかな水色の露芝柄のデザインで、見た目も涼しげだ。着物や浴衣だけでなく、洋服にも似合うという。

価格は2200円(税込)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング