国産チーズの頂点を決める「ジャパンチーズアワード」 2020年のグランプリは北海道の工房から

J-CASTトレンド / 2020年10月21日 15時0分

グランプリに輝いた「しあわせチーズ工房」の「幸」

国産のナチュラルチーズナンバーワンはどれだ?チーズ文化の普及を目ざすNPO法人チーズプロフェッショナル協会(以下CPA、東京都千代田区)主催の「ジャパンチーズアワード2020」が2020年10月17日、神田スクエア(同区)で行われた。

200種類を超えるチーズから最高賞のグランプリに選ばれたのは、「しあわせチーズ工房」(北海道)の「幸(さち)」だった。

「チーズの表情を見るだけで伝わってくるようなコンクールだった」

このアワードは2014年から隔年で開かれている。いくつかの部門があり、それぞれの部門ごとに金賞などの賞がある。4回目の開催となる今年は、全国78の工房から233種類のチーズが出品された。審査は「チーズプロフェッショナル」の資格を有し、本アワード専門の研修を修了した81人が担当。厳正な1次審査で選ばれた各カテゴリー上位のチーズが、最終的に24人の審査員によるグランプリ審査にかけられた。

グランプリに選ばれた「幸」は、「加熱圧搾/6か月以上部門」に出品された。

CPA会長の本間るみ子さんは「幸」について、「見るからに外皮はキレイで、中が黄色くて、青草を食べた牛たちが放牧された時に作ったものかと想像が膨らんだ」と評価した。

また、他の部門賞には、「るり渓やぎ農園チーズ工房」(京都府)の「フロマージュ・フレ」、「kotobuki cheese」(鹿児島県)の「カノヤホワイト-熟成白カビチーズ」、「ボスケソ・チーズラボ」(長野県)の「KASUGA」などが選ばれた。本間会長は、今年の結果について、

「(部門賞で)金賞を受賞した工房は、過去にも受賞した経験がある優秀な生産者も多いですが、新しい工房も複数ありました。チーズを作る技術だけでなく、牛や山羊の健康や環境を管理しながらチーズを作っていることが、チーズの表情を見るだけで伝わってくるようなコンクールでした」

と全体を講評した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング