パナソニックから1台3役の充電器 モバイルバッテリーやライトにもなる

J-CASTトレンド / 2020年12月2日 19時0分

充電池の状態を判別しながら賢く充電

パナソニックは、「USB入出力付充電器 BQ-CC91」を2020年12月4日に発売する。単3形/単4形充電池への充電、スマートフォンへの充電が可能なモバイルバッテリー機能、ライト機能の1台3役で使える。

センサー内蔵、1本ずつ充電池の状態を判別

充電池への充電はUSB経由でパソコンやUSB-AC充電器などから入力が可能。単3形/単4形いずれも1~4本の組み合わせで最大4本の同時充電が行える。スタンダードモデル単3形2本充電池を約3.5時間で充電できるという。

内蔵のセンサーにより1本ずつ充電池の状態を判別して制御する「センシング充電」機能を搭載。過充電によってダメージを受けた充電池をLEDの2回点滅で通知し、微弱電流で予備充電を行うことで状態を改善する「予備充電」、乾電池など充電できない電池が装てんされたことを判断して停止する「乾電池充電防止」などの機能を備える。

また、充電池/単3形乾電池でスマートフォンへ充電可能。停電など万が一の際にも便利に使える。

明るさ約8ルーメンの「LEDライト」を装備。「MODE」ボタンを長押しし、再度同ボタンを押すとLEDライトが点灯。点灯状態で同ボタンを押せば消灯する。

長さ約20センチの専用USBケーブル(USB Type-A-microB)が付属する。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング