舞台「千と千尋の神隠し」の「ハク」は誰 羽生結弦を推すこれだけの理由

J-CASTトレンド / 2021年2月26日 12時0分

羽生結弦選手(写真は2018年2月撮影)

スタジオジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」初の舞台化が、公式サイトで発表された。主人公「千尋」は、女優の橋本環奈さんと上白石萌音さんのダブルキャスト。作中で特に女性人気の高い、謎の美少年「ハク」のキャスト情報は21年2月26日11時半現在、不明だ。

ツイッターには、俳優ではないにもかかわらず「この人しか思い浮かばない」と名指しされている人物がいる。フィギュアスケートの羽生結弦選手だ。

素のままで「ハク」が務まる

「私の中では羽生くんのイメージ」。平安時代に公家が着用したような衣装姿の羽生さんの画像と共にきょう2月26日、こうツイートした人がいる。「陰陽師(おんみょうじ)」安倍晴明をイメージした、フリープログラム「SEIMEI」を披露した際の一枚のようだ。

「千と千尋の神隠し」舞台化が発表される以前から、羽生選手とハクを重ねて見ているファンは多い。神秘的な和の雰囲気を漂わせる「SEIMEI」姿の羽生さんの写真をアップし、「ハクが成長して現実に出てきたのが羽生結弦か」「二次元のハク様がリアルな世界に飛び出すと羽生結弦になるわけね」と、「実写版ハク」として見ているようだ。

「あの美男子感ハクの実写のまんまって思っちゃう」
「羽生結弦君は千と千尋のハクにそっくりだから実写化の際は是非」

と、「演じる」必要はなく素のままで「ハク」が務まるのが羽生選手だと、熱く語る声がいくつもある。

入野自由、神木隆之介、吉沢亮も

芸能人のなかで「候補者」は誰だろう。

映画でハク役を務めた声優の入野自由さん、俳優の神木隆之介さん、ミュージカル俳優であり、男性アイドルグループ「SixTONES」のメンバー・京本大我さんを「ぜひハクに」と推す投稿が多く見られる。

そのほか、現在放送中のNHK大河ドラマ第60作「青天を衝け」で主演を務める、俳優の吉沢亮さんを推薦するファンも目立つ。「吉沢亮しか許されない」「吉沢亮なら観る絶対」という熱のこもったツイートがある一方で、出演を希望しつつも「スケジュール的に難しいかな」と冷静な指摘も見られる。

舞台「千と千尋の神隠し」は「東宝創立90周年記念作品」として、2022年2~3月に帝国劇場で、4月に大阪、5月に福岡、6月に札幌、6・7月に名古屋で上演する。翻案・演出は、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の世界初演を演出したジョン・ケアード氏だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング