1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

■秋華賞 「カス丸の競馬GI大予想」 白毛馬アイドル、ソダシの2冠達成なるか

J-CASTトレンド / 2021年10月16日 7時0分

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今週はいよいよ牝馬3冠の最後となる秋華賞(2021年10月17日、阪神競馬場、芝2000メートル)だじぇい。いつもは京都競馬場だけど、いま改造中だから今年は阪神で行われるきゃすう。でもコースに少しクセがあって、予想はひと筋縄ではいかないじぇい。注目は桜花賞を勝ったソダシだけど、カスヨさんの本命◎はアールドヴィーヴルきゃすう。玄人好みの馬だけど、本当に勝てるきゃすう?

福永騎手が選んだアンドヴァラナウト

カスヨ アールドヴィーヴルは春の2冠、桜花賞、オークスともに5着よ。3冠皆勤賞ね。なかなか勝ち切れないんだけど、底力は一級品なのよ。今回は土曜の夜から日曜の朝にかけ雨が降る予報になっているわ。これはこの馬にとって、恵みの雨よ。デビュー戦は不良馬場だったけど、末脚一閃で勝利したわ。道悪は大歓迎。前走はトライアルのローズステークス(GII、中京、2000メートル)で3着。今回はエイシンヒテンやソダシが引っ張る流れになるだろうから、差しも届く展開になるわ。夏を休んでひと叩きされた上積みも見込めるため、一発あるならこの馬というわけよ。

カス丸 ふーん、でも勝つまで行くかどうかだじぇい。ガジュマル爺の本命は夏の上がり馬、アンドヴァラナウトという舌を噛みそうになるような名前の馬きゃすう。トライアルのローズステークスを勝ったから、人気の一角になりそうだじぇい。

ガジュマル爺 この馬はただ者じゃないわい。父キングカメハメハはダービー馬、母のグルヴェイグは2012年のマーメイドステークス(GIII、阪神、2000メートル)の勝ち馬で、その父が日本の至宝、ディープインパクト。祖母が1996年のオークス(GI、東京、2400メートル)、97年の天皇賞・秋(GI、東京、2000メートル)を勝った女傑、エアグルーヴという超良血じゃ。名ばかりの超良血は多いんじゃが、この馬はデビュー後6戦3勝2着3回と連対を外しておらん実力派でもあるんじゃ。必ず2着以内に来るという堅実さがすごいところなんじゃ。それにもうひとつ、「牝馬の福永」といわれる福永祐一騎手が、トライアルの紫苑ステークス(GIII、中山、2000メートル)を圧勝したファインルージュに乗らず、こっちを選んだというのが心強いんじゃ。春のクラシックに間に合わなかったが、最後の1冠に賭ける意気込みはこの馬が一番じゃろ。

カス丸 なんだか強そうだじぇい。その福永騎手が選ばなかったファインルージュだけど、爺の対抗〇になってるきゃすう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング