1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

居酒屋「さくら水産」見かけなくなった? 店舗数激減、都内は8店のみ

J-CASTトレンド / 2021年11月26日 20時30分

さくら水産 新宿西口店(21年11月26日撮影)

関東地方を中心に展開する「海産物居酒屋 さくら水産」。その店舗数が東京都内で急減していると、2021年11月19日にツイッター上で話題になった。

主に魚介系の料理を提供し、昼食時には「まぐろ定食」「イクラ丼」といったランチメニューを用意している。一時期は全国で100店舗以上に上ったが――。

2019年に子会社化

11月26日現在、運営会社「テラケン」(東京都千代田区)公式サイトの会社概要を見ると、「海産物居酒屋 さくら水産」は21年6月末時点で東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・愛知県にわたって計18店舗を展開。都内については「8店舗」とある。

保存されたウェブページを閲覧できるサービス「ウェイバックマシン」でテラケン公式サイトの同ページを調べていくと、少なくとも2013年7月末時点では全国で104店舗が存在。都内では62店舗あった。8年の間に86店舗減、都内だけでも54店舗減となっている計算だ。

和食レストランなどを展開する「梅の花」(福岡県久留米市)が2019年にテラケンの株式の58%を取得し、テラケンは子会社化された。この年、3月28日付の「梅の花」の発表の中で、テラケンの過去3年間の経営成績が公開された。各期の営業損益は16年2月期で1億6800万円の赤字、17年2月期が1億6600万円の赤字、18年2月期が2億6500万円の赤字だった。

「コロナ前」と店舗数比較

「ウェイバックマシン」では19年8月18日付のテラケン公式サイトのアーカイブも閲覧できる。19年5月末時点で、「東京都15店舗」「神奈川県6店舗」「埼玉県6店舗」「千葉県3店舗」「大阪府3店舗」「愛知県2店舗」が存在。当時は、合計35店舗があった。その2年後の21年6月末では18店舗だ。

J-CASTトレンドは21年11月25日にテラケンに取材を申し入れ、店舗が減った要因について質問したが、26日までに「回答はできない」との連絡があった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください