1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

ドン・キホーテ一部店舗でレジ袋タダに 条件のハードルは意外にも

J-CASTトレンド / 2022年5月27日 20時10分

アプリや買い物カゴ利用で「レジ袋」無料に (画像はドン・キホーテ下北沢店)

スーパーマーケットやコンビニエンスストアではすっかり「レジ袋」有料化が浸透した。一方、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」だと、店舗によっては会計時に無料で「レジ袋」をもらえるのを知っているだろうか。

利用には、ドン・キホーテなどで使える電子マネーアプリ「majica」などが必要になる。

「買い物カゴ」を使って

このサービスを利用できる店舗の一覧表などは、ドン・キホーテ公式サイトに掲載されていない。ツイッターで調べると、「下北沢店」(東京都世田谷区)で実施されているとの話をみかけた。

本当に無料でレジ袋をもらえるのか。J-CASTトレンド記者は2022年5月27日に同店を訪れた。majicaアプリをスマートフォンにインストールし、会員登録を済ませる。登録は無料だ。

「下北沢店」の入口には、majicaアプリ会員を対象として、「買い物カゴ」を使うとレジ袋が無料になる、と説明するPOPが掲げられている。「会計時にレジ担当者へお申しで下さい」とある。

商品を選び、買い物カゴに入れてレジへ向かった。スタッフに「無料のレジ袋をください」と伝えると、アプリ上の会員証の提示を求められた。会員証に表示されるバーコードを読み取った後、商品を入れた状態でレジ袋を渡してもらえた。

レシートを見ると、会計品目に「内バイオマスレジ袋 ¥2円」とあるが、すぐ下に「値引 -2」と記載されており、レジ袋の代金は「ゼロ」だった。

「複数店舗で実施は確認」

「レジ袋無料」をほかにどの店舗で実施しているか、運営会社「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」の広報室に取材した。このサービスは各店舗が独自判断で実施し、設定できるものとしているという。

「複数店舗で実施は確認していますが、リアルタイムで店舗数を申し上げることは難しい」と話す。店舗が自由に実施を判断しているサービスは数多くあり、「各店におけるサービスの違いなどを発見いただくのも弊社店舗の楽しみ方の一つ」と付け加えた。

なお、無料レジ袋の配布を受ける条件としてmajicaアプリや買い物カゴのほか、「買い物カート」の利用を求める場合もあるとのことだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください