1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

「義理チョコ」Z世代には過去の話 「面倒」「買いたくない」渡した経験ゼロ

J-CASTトレンド / 2024年2月14日 12時0分

義理チョコ文化が廃れ始めZ世代には認知されていない(画像はイメージ)

2月14日はバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレートを贈る、恋人同士のイベントとして定着した。さらに日本独自の「文化」として生まれたのが、「義理チョコ」だ。

調べると、その「起源」は1980年代前半。友人や日頃世話になっている職場の先輩や上司の男性に、女性がチョコを贈るものとして定着した。だが、2010年代半ば以降、義理チョコを廃止しようとの声が世間で高まった。コロナ禍を挟んで2024年の今、職場で義理チョコを用意する「風習」は消滅している!?

「半強制的で、賃金外の義務...違和感」

記者が社会人になったのは、7~8年前だ。当時を思い返すと、義理チョコを上司や同期の男性に配っていた。

一方で2015年2月4日付の日本経済新聞に、こんな見出しの記事が出ていた。

「社内に『義理チョコ抑制令』」

サイバーエージェント・藤田晋社長のブログ記事だ。全社メールで、義理チョコをやめようと社員に伝えた背景をつづっている。

さらに2018年2月1日、「日本は、義理チョコをやめよう」と呼びかける新聞広告が日本経済新聞に掲載された。広告主は、高級チョコレートブランドの「ゴディバ」だ。当時の報道をみると、このメッセージには賛否の意見が寄せられたという。ただ、義理チョコの風習に対する風当たりが強まっていたのは明らかだ。

その後、コロナ禍で在宅勤務が定着したり、感染防止のため大勢が集まって食事やイベントを楽しんだりする機会が激減した。こうなると、世間の風潮と共に義理チョコ文化が廃れ、以降に社会に出た若者は、義理チョコを強制されていない可能性は高い。

J-CASTトレンドは、20代前半から半ばの「Z世代」女子5人に、義理チョコ文化について取材した。

「今までの所属先で、上司や同僚のために『義理チョコ』を(学生時代・アルバイト先含む)を渡したことはありますか」

この質問に、全員の回答は共通して「無い」だ。では、かつて一般的だった義理チョコ文化を、どう思っているのか。Z世代女子からは、なかなか厳しい意見が...。

「正直、面倒くさい。普段お世話になっているからというのは分かるが、2月14日に限った日に、(渡すものが)お菓子である必要があるのかわからない」
「義理チョコが半強制的で、賃金外の義務が発生することに対して違和感を覚える」
「日頃からお世話になっているから、全員一括で集めて誰かがやるならまだいいが、自分で何人かにわざわざ買いたくない」
「お菓子という物でつるような、必要以上の気遣いはいらないと思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください