1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

会員制ゲームバーの店主がこっそり教える オトナこそ知りたい「リアル友達の作り方」

J-CASTトレンド / 2024年2月14日 18時0分

84tourの様子。海外から来店した利用客たちと。左下が、ちょーかんさん

【作リエイターズアトリエ(通称「作リエ」)】
テレビアニメ「ポプテピピック」のゲームパートを描き、映像制作やイベント主催など、フリーランスでマルチに活躍する山下諒さん。隔週水曜夜、各分野で活躍中のゲストクリエイターや美大生を招き、山下さんがMCとなって、「創作」をテーマに、ツイッターの「スペース」や「オンラインセミナー」で語らう企画が「作リエ」だ。
連載では、スペースで出た話題から、エッセンスを抽出してお届けする。未来のゲストは、今この記事を読んでいるあなたかも?

第36回のゲストは、会員制の秘密の飲食店「84」店長である橋本徹さんこと、ちょーかん さん。連日、国内外から幅広い年代の客が訪れており、「ちょーかんと話す」ことが来店目的である人も少なくない。年下からも「ちょーかん」と敬称なしで呼ばれ、砕けた口調で接されるのを歓迎しているようだ。山下さんも84のリピーターで、ちょーかんさんとは顔なじみ。

今回のテーマは「会員制ゲームバーの店主がこっそり教える オトナこそ知りたい『リアル友達の作り方』」。スペースアーカイブはこちらから。

最初から友達

「友達って、どうやって作ればいいんですか」。山下さんの問いに対し、ちょーかんさんはこう返した。

「友達ってそもそも、何なのかって定義が僕もあいまいなので......まこってぃー(山下さん)はどう思う?」

即答が難しい山下さん。少し考えた末、一つの線引きとして「結婚式や葬式に呼びたいと思うかどうか」とした。知り合った相手を「友達」だと認識するまでに時間がかかる、ガードが堅めのタイプだという。

ちょーかんさんは、なんと「最初から友達」派。つまり、「友達になっていく」のではなく、「出会った時から友達」という感じで、カッコつけず、誰に対してもノーガードで向き合う。どんなに年下相手でも、初対面の時から「タメ口でいいよ」と気さくに接するようにしており、すんなりと「あ、そう? じゃあよろしく」と返してくる人と出会えるとうれしいそうだ。

山下さんのことは、初対面の時に「なんて呼べばいい? じゃあ、まこってぃーね」と決めた時、もう友達だと思った、と振り返る。

相手と目線を同じにし、教わったことを面白がるのも重要だ。例えば、TikTokが世に出てきたばかりの時にもいち早く友達に教えてもらい、一緒に動画投稿に挑戦したそう。年齢を重ねると、どうしても上から目線になりやすいので、注意が必要だという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください