1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

「森永ラムネ」動画がTikTokで受験生に話題 難関大の学生がエール&アドバイス

J-CASTトレンド / 2024年2月17日 12時0分

「森永ラムネ」のTikTok動画が話題に

森永製菓が販売する、ぶどう糖90%が特徴の「森永ラムネ」。ブドウ糖は脳のエネルギー源として知られる。いまや受験生におススメのアイテムとして紹介される機会も増えた。

「森永ラムネ」は、受験生を応援すべく特設サイトを立ち上げるなどユニークなアピールをしており、昨年の受験シーズンからは、TikTokで受験生応援企画を実施。受験勉強を乗り越えた難関大学に通う、現役大学生が「おすすめの勉強法」「勉強の集中法」「受験生へのエール」などを、熱く語るこのコンテンツが話題に。込められた思いについて、森永製菓の担当者に話を聞いた。

「ツラいと思うかもしれないけれど、自分のためにがんばって」

たとえば、ある男子大学生は受験生にこんなメッセージをおくっている。

「自分が受験勉強をしていた時は、1週間や1日のスパンの中でも、朝は元気だけれど、夜は落ち込んだり、というのがずっと続いていて......」

実体験に基づく苦労を語りつつ、だからこそ送れるエールも口にする。

「(でも)終わってみてやってよかったなというか、受験勉強をがんばるというその過程がいまにつながっている――そういう人が多いものです。ツラいと思うかもしれないけれど、そこは踏ん張って、自分のためにがんばってほしいと思います」

この動画を見られるのが、TikTokの「【公式】森永ラムネ 受験勉強で集中Tips」だ。

昨年の受験シーズンでは、東大生に「各科目のおすすめの勉強方法」、「集中のコツ」、「大学の志望理由や魅力」をインタビューした。

好評を得て今年は、都内の私立大学の学生たちが登場。明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学の学生が思い思いにインタビューに答えている。

それにしてもなぜ、「森永ラムネ」は受験生を応援するようになったのだろうか。そして、話題の動画のねらいとは。森永製菓のマーケティング本部 菓子マーケティング部・小山内 裕亮(おさない・ゆうすけ)さんに聞いた。

――「森永ラムネ」が受験生を応援するようになった、きっかけはあったのでしょうか。

小山内 裕亮さん 1973年の発売以降「森永ラムネ」は子どもの駄菓子として定着していました。ところが、2013年頃から、「ぶどう糖」の効果が認知されたことにより、ボトルラムネの売上が、大学生やビジネスマンなど大人を中心に伸長を続けました。
それを受けて、2018年には、大人向けに粒を約1.5倍大きくした「大粒ラムネ」を新発売。「ぶどう糖90%配合(含水結晶ぶどう糖として)」を訴求するとともに、「集中シーン」を応援するアイテムとしてアピールするようになりました

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください