1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

OPECプラス、生産量調整維持で合意(中東、ロシア)

ジェトロ・ビジネス短信 / 2024年2月5日 16時0分

添付資料PDFファイル(220 KB)

OPECプラス(注)は2月1日、第52回共同閣僚監視委員会(JMMC)をオンラインで開催し、現行の生産量調整の方針を維持することで合意した。

OPECプラスは2023年11月30日に開催した第36回閣僚級会合で、同年6月の第35回会合で決定した2024年末までの生産量調整(2023年6月5日記事参照)を維持することで合意していた。

併せて11月30日には、加盟国のサウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、カザフスタン、アルジェリア、オマーンの7カ国が追加の自主減産を発表した。OPECプレスリリース(2023年11月30日付)によると、各国の自主減産量は次のとおり。

サウジアラビア:日量100万バレル
イラク:日量22万3,000バレル
UAE:日量16万3,000バレル
クウェート:日量13万5,000バレル
カザフスタン:日量8万2,000バレル
アルジェリア:日量5万1,000バレル
オマーン:日量4万2,000バレル

この追加自主減産は、ロシアが1月1日から3月末まで実施する日量50万バレルの原油輸出量の自主削減に追加するものとしている。7カ国の自主減産量とロシアの原油輸出量削減量は合計で日量約220万バレルとなり、2022年10月にOPECプラスが発表し同年11月から実施している大型減産(2022年10月6日記事参照)での減産量日量200万バレルを上回るものとなる。

原油価格は2023年7月から9月中旬にかけて上昇し、米WTIと北海ブレントがともに1バレル当たり90ドル台を記録したが、2023年12月には70ドル台まで下落(添付資料図参照)。1月からは再び上昇傾向が見られる。米国エネルギー情報局(EIA)の統計によると、1月29日時点で米WTIが1バレル当たり77.25ドル、北海ブレントが83.99ドルとなった。

次回の第53回JMMCは4月3日に開催予定。

(注)サウジアラビア、UAEなどOPEC加盟国と、ロシア、メキシコなど非加盟の産油国で構成する。

(久保田夏帆)

(中東、ロシア)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください