新型コロナワクチン接種が進む、水際対策はさらに強化(英国)

ジェトロ・ビジネス短信 / 2021年2月18日 11時30分

添付資料PDFファイル(549 KB)

新型コロナウイルス感染が猛威を振るう英国で、明るい兆しが見えてきた。12月8日に始まったワクチン接種は2月13日、1回目の接種を終えた住民が1,500万人を突破。1月に公表したワクチン接種計画で2月15日までに接種することを目指していた優先グループ1~4への接種(添付資料表参照)は計画どおり完了し、70歳以上の90%以上が接種を終えた。

ボリス・ジョンソン首相は14日、「英国全土に及ぶ驚くべき偉業」とツイート。翌15日の記者会見では、グループ5(65~69歳の住民)への接種に移行したことを明らかにした。首相はさらに「このペースを維持し、安定した(ワクチンの)供給を継続できれば、4月末までに50歳以上の住民など、グループ9までの全員にワクチンを提供できると期待している」と述べ、引き続き接種計画の実行に全力を挙げる考えだ。

1月上旬に6万人を超えた1日当たり新規感染者数(報告日ベース)は、足下では1万人前後まで減少。1月20日に1,820人を記録した1日当たり死者数も、2月16日には799人まで半減した。こうした中、与党議員の一部をはじめ、厳しい行動規制の緩和を求める声も高まっているが、新型コロナウイルスによる入院患者数は2月14日時点で2万1,001人と、いまだ第1波のピーク時(2020年4月12日の2万1,687人)と大差ない水準にあり、規制緩和に慎重な声もみられる。ジョンソン首相は会見で「このロックダウンを最後にしたい」とコメント。翌週に正常化へのロードマップを示す考えを明らかにした。

入国後の検査2回を義務付け

国内情勢が好転する一方、政府は新型コロナウイルスの輸入感染を防ぐため、1月に相次いで強化した水際対策(2021年1月14日1月18日記事参照)をさらに強化している。2月15日から、南部アフリカや中南米など入国制限国からの渡航者(注)に対し、10日間の自主隔離を政府指定の宿泊施設で実施することを義務化。入国者は渡航前に宿泊、食事、検査などのパッケージを専用の予約サイトで手配、大人1人1,750ポンド(約25万6,550円。1ポンド=約146.6円)を自己負担する。スコットランドに直接入国する場合は、英国と共通旅行区域(CTA)を形成するアイルランド、チャンネル諸島、マン島を除く全ての国・地域からの渡航者が対象となる。

15日からはさらに、CTA以外の原則として全ての国・地域からの入国者に対して、渡航前検査による陰性証明の提示と10日間の自主隔離に加え、「入国後2日目かそれ以前」と「8日目かそれ以降」の2回の検査受検も義務付けた。料金は210ポンドで、渡航前に予約サイトで手配する必要がある。

(注)英国・アイルランド国民、英国長期滞在ビザ保有者、永住者は、入国制限国に滞在または経由した場合でも英国に入国できる。詳細は保健・ソーシャルケア省の指定施設での自主隔離に関するガイダンス参照。

(宮崎拓、杉田舞希)

(英国)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング