ITのネイバー、「新型コロナ禍」で在宅需要を取り込み好業績(韓国)

ジェトロ・ビジネス短信 / 2020年11月6日 0時10分

添付資料PDFファイル(44 KB)

韓国IT最大手のNAVER(ネイバー)が10月29日発表した2020年第3四半期(7~9月)の連結決算は、売上高が1兆3,608億ウォン(約1,252億円、1ウォン=約0.092円)と前年同期比24.2%増加した(添付資料表参照)(注1)。好調なネット通販やモバイル決済などが押し上げ、2四半期連続で過去最高の売上高を記録した。営業利益は1.8%増の2,917億ウォン、純利益は2.8倍の2,353億ウォンだった。

売上高を事業別にみると、新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした消費者の非対面志向の高まりや巣ごもり消費の拡大で、コマース(ネット通販)事業が前年同期比40.9%増の2,854億ウォンだった。ライブコマース強化や物流効率化も、売り上げ増を後押しした。フィンテック事業は、モバイル決済サービス「ネイバーペイ」の決済取扱高の急増(62%増の6兆8,000億ウォン)で、67.6%増の1,740億ウォンだった。

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務やオンライン教育が急速に普及したことから、クラウド事業は763億ウォン(前年同期比66.2%増)と大幅増加した。巣ごもり消費の拡大で、デジタル漫画(ウェブトゥーン)や音楽・コンサート配信などコンテンツ事業も1,150億ウォン(31.8%増)と好調だった。主力の検索プラットフォーム事業は、検索連動型広告の拡充による広告収入増(26.3%増)で、7,101億ウォン(8.2%増)と堅調な伸びを示した。

ネイバーは、CJグループ3社との相互出資を通じた戦略的提携によりエンターテインメントと物流分野で協業を進め、グローバル市場での成長を目指すとしている。物流大手CJロジスティクスと物流・配送データを共有し、ネット通販ユーザーと出店事業者に差別化したサービス提供を目指す。CJエンターテインメントおよびスタジオドラゴンとの協力により、映画、ドラマなどコンテンツ分野のグローバル市場での競争力を強化する(注2)。

(注1)子会社のLINEを第3四半期より連結集計対象から外したため、LINEの収益・費用は含まれない。

(注2)CJエンターテインメントは、米国アカデミー賞の作品賞受賞映画「パラサイト 半地下の家族」などを配給した映画製作・配給会社。スタジオドラゴンは「愛の不時着」など多くのヒット作を輩出したドラマ制作・配給会社。

(原実)

(韓国)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング