増えるシニア層アルバイト 人材不足の救世主となるか?

JIJICO / 2017年5月19日 9時0分

写真

増えるシニア層アルバイト 人材不足の救世主となるか?

一億総活躍社会へ!?

今、コンビニエンスストアのアルバイトなどで、シニア層の活躍が目立ってきています。
少し前までは、アルバイトと言えば高校生や大学生などの若者の働き方でした。
一方、現役をリタイアしたシニア層の仕事と言えば、シルバー人材センターなどから紹介を受けて簡単な仕事を短期間行うというイメージがあり、実際、両者は住み分けられていた感があります。
しかし、最近ではシニア専門のアルバイト情報サイトが登場するなど、高齢者のアルバイトは社会的に認知されつつあるようです。

人口減少社会へ突入した日本では、安倍内閣主導のもと「一億総活躍社会の実現」が目指されており、女性だけではなくシニア層の活躍も期待されていることから、歓迎すべき傾向だと言えるかもしれません。

シニア層アルバイトのメリット

今、労働市場は人手不足に陥っています。
これは、正規労働だけでなくアルバイトを含めた非正規労働でも起きている現象です。
企業が人材を確保することが難しい時代になっているのです。
企業としては、働く意欲があるシニア世代をアルバイトとして雇用することで、不足する人材を確保することができます。
また、シニア層がこれまでの仕事を経て培った経験を、アルバイトの仕事に活かしてもらえることもメリットと言えるでしょう。

一方、アルバイトするシニア層にも、もちろん利点があります。
今、老後の生活の頼みの綱である年金は、現役世代の減少など様々な理由で少しずつ減額されています。
夫婦二人で標準的な生活を維持するためには月額約27万円が必要だと言われていますが、平成27年に厚生労働省が発表した年金受給額モデルでは月額約22万円となっており、年金だけでは足りない計算になります(これはあくまでもモデル受給額ですので、現役時代の働き方によっては、もっと生活費が不足する方もおられます)。
アルバイトをして収入を得ることで、現状の生活水準を維持することができます。
また、アルバイトをすることで社会参加意識が生まれ、孤立や引きこもりを回避することもできます。
さらに、働くことで必然的に頭や身体を使うことになり、健康の維持や運動機能低下を緩やかにすることもできるでしょう。

今、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間である「健康寿命」は女性が74歳、男性が71歳と言われており、リタイア後も元気な高齢者は増えています。
今後もシニア層アルバイトは増えていくものと考えられます。

シニア層アルバイトの注意すべきこと

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ジジコ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング