「長期休暇」から「多様な休み方」の時代へ?国・企業・個人の課題を考える

JIJICO / 2018年9月1日 7時30分

写真

「長期休暇」から「多様な休み方」の時代へ?国・企業・個人の課題を考える


日本の企業は「8月15日前後の数日間の休暇」が昔から多い

日本にはお盆休みという習慣があるため、多くの企業は8月13日から16日を中心とした夏季休暇を設定しています。今年の場合、11日が土曜日だったので週休2日制の企業の場合、11日から16日までの6日間を夏季休暇としているところが多かったようです。

ただし、流通業や飲食・宿泊業のように一斉休暇を取りづらい業種では、昔から7月8月にかけて順番に夏季休暇をとるという方法を採用していますが、休暇日数は3日か4日ということが多いでしょう。
それを裏付ける事実として、マクロミルが今年6月にインターネットを介して全国20~59歳の会社員1,000名を対象に行った調査結果に現れています。
<夏季休暇の時期>
1位 60.0% 8月のお盆周辺
2位  7.8% 8月のお盆周辺以外
3位  4.7% 7月
4位  4.0% 9月
5位  0.90% その他の月
※18%が「夏休みはない、取得しない」

<夏季休暇の日数>
1日 2.2%
2日 1.0%
3日 7.2%
4日 9.1%
5日 24.9%
6日 10.8%
7日 7.2%
8日 2.9%
9日 15.8%
10日 5.5%

変化のスピードが早い世の中になったと言われますが、夏季休暇については、8月15日前後に全社一斉で数日間の休みを取る企業が多い風潮が過去30年以上に渡って継続しています。

フランスでは1回あたり平均日数9.6泊のバカンス

ところで、ここ数年訪日する外国人旅行者数が急速に増加していますが、2018年7月の推計値が前年同月比 5.6%増の 283 万 2 千人。昨年 7 月の 268万 2 千人を 15 万人以上上回り、7 月として過去最高を記録したと、国際観光振興機構から発表されました。

また観光庁発表の「H28年度訪日外国人の消費動向」において、観光・レジャーを目的とした訪日外国人の平均泊数は 5.8 泊で、欧州や米国、 カナダ、オーストラリアからの旅行客は10泊以上であることが報告されています。

夏季休暇を利用して日本を訪れる外国人は、長期間の滞在を楽しんでいるようですが、日本人の多くは、「よく長く休めるな」とか「のんびりと旅行が出来て羨ましい」などの感想を持つのではないでしょうか。

一般的に長い夏季休暇をとるイメージが強い国はフランスですが、具体的にどのような夏休みをとっているのでしょうか。フランス人は、長期休暇のことをバカンスと言いますが、その定義は1ヵ所に連続して4日以上滞在することを指しています。少し古いデータですが、2007年にフランスの経済財政雇用省観光局が発表した調査結果によると、バカンスへ行った人の割合が63.9%で、バカンスの年間平均取得回数が2.4回、バカンス1回当たりの平均日数が9.6泊になっています。こうした数字を見ていると、日本人は諸外国の人々に比べて長期休暇をとっていないと言えそうです。

日本の年次有給休暇の付与日数、アジアでは多い方だが世界的にはそうでもない

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング