増えるペットの肥満 原因と適切なダイエット方法を解説

JIJICO / 2018年9月30日 7時30分

写真

増えるペットの肥満 原因と適切なダイエット方法を解説

犬・猫などペットの肥満が増えている!日本はペット肥満体国

厚生労働省「国民健康・栄養調査結果の概要」によると、20歳以上の人の肥満の割合は男性31.3%、女性20.6%となっています。一方で私たちと暮らしを共にする動物たちにも肥満が増加してきています。

日本国内の動物病院を訪れるワンちゃんの50%以上は肥満傾向または肥満と言われ、いまや日本はペット肥満大国になりつつあります。人と同様、肥満はペットに様々な病気のリスクをもたらします。本稿では、ペットの肥満について、その原因から対策まで解説します。

ペットが肥満になってしまう4つの理由

1.食事

「可愛いから」「美味しそうに食べるから」「これくらいいいだろう」という思いから、過量にフードを与えたり人の食べ物を与えたりすることが原因となります。

2.避妊・去勢手術

避妊・去勢手術の後、ホルモンバランスの変化から太ってしまうことがあります。

3.運動

運動不足などから摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れ肥満の原因となります。

4.おやつ

食餌以外に過剰におやつを与えているケースがあります。おやつを与える場合は1日必要カロリー範囲内でフード量と調整して与える必要があります。
例えば、5㎏の犬がビスケット2枚(約60kcal)食べるということは、人の場合ハンバーガーを1個食べた時の摂取カロリーと同等です。

肥満度はBCSという指標に照らしてチェックする

「ボディコンディションスコア(BCS)」という指標に照らし合わせてチェックします。
BCSは、見た目と触った感触で肥満度を5段階で評価する基準のことを言います。この評価基準は、犬と猫に共通しており、体型管理をする際の目安となります。5段階の基準は下記のとおりです。


引用 環境省 自然環境局動物愛護管理室資料

肥満に伴うペットの病気リスクはたくさんある

肥満の問題は、単に体重が増えているだけ、というわけではありません。体重が増える、脂肪が増えることで以下のような病気のリスクがどんどん高まっていきます。

関節炎

関節に負担がかかって炎症がおこり痛みをもたらす病気で、慢性化すると変形性関節症へと移行します。

椎間板ヘルニア

背骨の間に存在する椎間板が突出または破れて内容物により脊髄が圧迫されることで歩行困難になる病気で、肥満もその要因になります。

呼吸器系の病気

小型犬の場合は、肥満になると脂肪で気道が圧迫され、呼吸状態が悪化する恐れがあります。また、その結果気管虚脱に移行する場合もあります。

内分泌(ホルモン)障害

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング