子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?

JIJICO / 2018年9月28日 7時30分

写真

子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?


爆発的な子どもへのスマホの普及・増えるLINEの利用者

スマートフォン(スマホ)の普及が急速に広がっています。それに伴い、小学生のうちからスマホを持つ子どもも増えており、その理由の一つとして、LINEが事実上の連絡ツールとなっていることが挙げられます。従来からの携帯電話(いわゆるガラケー)でLINEをするのは事実上困難なため、LINEを使いたいという動機がスマホを持ちたいということにつながるのです。

私は約10年前から子どもたちや保護者、先生方を対象にケータイ、スマホを含めた正しいITの使い方を教えるための講演・教育活動を行っていますが、最近の傾向として「中学生になったらスマホを買ってもらう」ということが増えているようです。中学生になると、部活などを含め交友関係が広がります。そして友だち同士の連絡や部活の連絡でさえもLINEで取り合うことが普通になってきており、スマホがないとLINEグループに入れず、連絡さえも取れないため、必要になってくるのです。

中には親の方針でスマホを持たせないという子どももいますが、そうすると、部活の連絡など必要最低限の連絡のみ親のスマホに届くことになるので、なかなか友だち同士の輪に入りにくいという傾向があるようです。昔、スマホがなかった時代に普通に学生生活を送っていた我々からすると、「スマホがないとコミュニケーションが取れない」というのは少々違和感がありますが、現状はこのようになっています。

スマホ・ネットは便利さだけでなく怖さも含めて知識が必要になる

ですが、スマホはもはやただの電話ではありません。世界とつながった高性能な小型コンピュータであり、さまざまな人とつながってしまいます。実際に使っている子どもたちは、学校や友達の間など、自分たちの周りの世界しか見えていないことがほとんどですが、インターネットにつながったスマホは、一瞬で情報を世界中にまで広げてしまうことがあります。その相違がいわゆる「炎上」を発生させてしまう原因です。

また、SNSに端を発するトラブル・犯罪に巻き込まれてしまう場合もあります。これらを含め、スマホを持つためには、使う側がその便利さのみならず、怖さも含めてもっと知識を持つ必要があります。

全国で93万人もの中高生がスマホ依存傾向に

スマホはいつも身近なところにあり、何でもできる上に、いろいろな人とつながるので利用時間が長くなりがちです。そのため、無意識に依存しやすい傾向があり、最近は大人でも四六時中スマホが気になって触っていないと不安になるようなスマホ依存症の人を見かけることが多くなりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング