繰り返されるバイトテロ。なぜ過去の教訓は生かされないのか。

JIJICO / 2019年3月4日 11時0分

写真

繰り返されるバイトテロ。なぜ過去の教訓は生かされないのか。

動画でテロップも入ることから行動もエスカレート?

最近、またもや「バイトテロ」と言われるような、SNSに不適切な投稿をしたことによる炎上事例が相次いでいます。

具体的には、飲食店やコンビニのアルバイト従業員が商品や食材を使って不衛生なことをしたり、勤務中にふざけて大騒ぎしたりした動画をTwitterやInstagramなどのSNSに載せたことにより、炎上を引き起こす、といったものです。

このような炎上事件は、今から約6年前の2013年に非常に多く起こって社会現象となりました。コンビニのアイスクリームケースの中に入り込んで撮った写真がSNS上で拡散され、炎上した事例を覚えている人も多いのではないでしょうか。

6年前の投稿は基本的に写真のみでした。しかし、最近ではSNS上に動画を載せることができるようになっており、今回の投稿もほとんどが短い「動画」によるものでした。さらに、そのような動画にスマホで簡単にテロップも入れられるようになっているので、それが余計に行為をあおることがあります。

また、Instagramの「ストーリー」など、投稿後24時間で自動的に消去される動画機能があり、つぶやき代わりに動画を上げるというようなこともできるようになりました。そのため、「拡散もされないだろう」「すぐ消えるから問題ないだろう」と思い込んで、問題のある動画を投稿するケースが増えているようです。

ネット上には炎上しそうな投稿を探し拡散する人も

現在話題になっている炎上事例をよく調べてみると、半年~数年前に撮影、投稿されたものが今になって蒸し返されて再投稿、拡散されているものも多くあります。

テレビでも、連日ニュース番組や情報番組などで取り上げています。マスコミもこの手のスクープは話題性があり視聴率が取れるので、繰り返し放送する傾向があります。毎日のように長い時間放送されるので、嫌でもいろいろな人の目に留まり、それが炎上に油を注いでいる部分も大いにあります。

ネット上には、炎上しそうな動画や画像を常に探している人もいて、そのような人が炎上記事を見つけると「拡散希望」などと記載してさまざまなサイトに転載し、騒ぎをさらに大きくしていきます。このような「火に油を注ぎ、炎上が広がっていくということ自体を楽しんでいる」といった人がたくさんいるのです。

SNSへの投稿は自己承認欲求の表れ?

では、度重なる炎上事件はなぜ起こるのでしょうか。その根本的な原因は2013年の事件から基本的には変わっていません。ちょっとおかしなことでも「自分はこんなこともできるんだぜ!」というアピールを友人に対してしたい、という自己承認欲求の表れだと言われています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング