定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

JIJICO / 2019年7月26日 7時30分

写真

定年後も生活水準を下げないための心得とお金の貯め方、使い方

定年後も生活水準を下げないための心得:職業寿命を延ばす

完全リタイア年齢をなるべく遅らせ、退職金・預貯金が減らないよう現役時代から退職後のキャリア計画を立てましょう。具体的な対策として学び直し(リカレント教育)、資格取得さらに、副業も。副業は、仕事と関連のない趣味でも退職までに本業にシフトできれば新たな収入の柱になります。

定年後も生活水準を下げないためのお金の貯め方1:資産寿命を延ばす

預金を定期に預けても利息はわずかです。もしも10年以上使わない予定のお金があるなら、資産運用にチャレンジしてみましょう。500万円を運用利回り年2%で計算すると、10年間では約610万円、20年では約745万円になります。

この時注意すべきは短いスパンで売り買いするのではなく、資産分散してハイリスクでない金融商品で運用すること。あくまでも余裕資金であることがポイントです。

まとまったお金がない場合という方は収入の中から一部を積立投資してはいかがでしょう。第3の年金といわれるiDeCo(個人型確定拠出年金・年間加入上限14万4,000円~81万6,000円※加入者の職業等によって拠出できる金額は変わります。) は掛け金が課税所得から全額控除されるため、所得税・住民税の節税になり、さらに運用益も非課税となります。しかも、それらを受け取る際は、税金優遇もあります。

60歳まで途中引出しが出来ない不自由さはありますが、そうでもしないとお金はなかなか貯まりません。たとえば毎月23000円の掛け金で、10年で約305万円、20年では約677万円 (運用利回り2%の場合)となります。

ただし、iDeCoは加入年齢が60歳までですので、運用期間が10年に満たない方は年齢制限のないつみたてNISA(少額投資非課税制度・年間積立上限40万円)を検討してはいかがでしょう。

「つみたてNISA」は基本的に国が定めた厳しい条件をクリアした投資信託・ETFのみが対象で、毎月100円からでも始められます。積み立てた運用益は20年間非課税で最大800万円まで投資可能です。iDeCoと違って必要であれば売却し現金化することも可能です。

資産運用が苦手、リスクをとりたくない方は、生命保険会社が提供する「個人年金保険」も選択肢の一つです。年齢が高いと大きく増えませんが、円または外貨での元本保障です。課税所得から個人年金保険料控除(年間8万円の個人年金保険料で4万円の個人年金保険料控除)を差し引くことができるため、所得税・住民税の節税にもなります。
※個人年金保険料税制適格要件を満たす必要があります。

定年後も生活水準を下げないためのお金の貯め方2:不動産所得を得る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング