新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?

JIJICO / 2019年8月30日 7時30分

写真

新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?

高い新入社員の入社3年離職率

2019年8月23日朝のHNKテレビ、おはよう日本の「おはBiz」で放送された内容ですが中小企業に入社した新入社員のおよそ44%が、入社3年目までに辞めているということです。また、日経によると、この10年、大卒新入社員の3年以内離職率は一貫して3割程度で推移しているそうです。しかも優秀な人材が少なからずいるそうです。

これは喫緊の課題と言えますが、ファシリテーションを活用することで離職を防止できるのではないかと期待されています。そこでファシリテーションによる新入社員離職防止効果について解説いたします。

ファシリテーションとは?

ファシリテーションとは下の3点を特徴とする行為です。

●人々の活動が容易にできるよう支援し、うまく運ぶように舵取りすること
●集団による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習、変革、自己表現・成長など、あらゆる知的創造活動を支援し促進していく働き
●中立な立場で、チームのプロセスを管理し、チームワークを引き出し、チームの成果が最大となるように支援すること

ファシリテーションを行う人をファシリテーターと呼びます。会社内でファシリテーションを活用しやすいのは、会議やワークショップです。ファシリテーターが入った会議は次のような特徴を持ちます。

●否定されることが無いので安心し信頼できる話し合いが行われる
●前向きな内容が話される
●アイデアを紡ぎ合わせ、ひとりでは思いつかないようなアイデアをチームで創出ようとする

ファシリテーションは新入社員の離職防止に役立つのか?

それでは本当にファシリテーションというものが新入社員の離職防止に役立つのでしょうか?ここでは一例として、「否定されない安心信頼できる場での話し合い」について見てみます。「否定されない」とは何を言っても大丈夫ということです。

人を攻撃したりディベート的な発言は良くないですが、会議のテーマについて考えた意見であれば、どんな意見であっても発言者を尊重して聴きます。これにより「安心信頼できる場」が作られます。 私は、新入社員の3年以内離職率を下げるために、ファシリテーションは下の3点で役に立てると思います。

(1)自分がチームの役に立っていると実感できること
(2)チーム・メンバーからもそう言われていること
(3)自分が成長できていると実感できること

(1)自分がチームに役立っていると実感できること

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング