小室さん問題が招いた深刻余波、悠仁さま進学先も苦渋の変更

WEB女性自身 / 2018年11月21日 11時0分

写真

11月30日に、秋篠宮さまが53歳の誕生日を迎えられる。その数日前には、ご夫妻がそろって記者会見に臨まれる予定だ。

「来年5月のお代替わり前までに、秋篠宮ご夫妻が公に話されるのはこの会見が最後になります。年明けからはお代替わりに向けた行事が目白押しです。ここで“騒動”に区切りをつけないと、天皇皇后両陛下にも皇室にも迷惑をかけることになる……。秋篠宮さまもその懸念は重々承知されているはずです」(宮内庁関係者)

そんな秋篠宮さまを苦悩させていた問題がもうひとつあると、前出の宮内庁関係者は語る。

「悠仁さまの中学進学問題です。お茶の水女子大学附属小学校6年生の悠仁さまは、新設された『提携校進学』という制度を使って、名門進学校である筑波大学附属中学校へ進学されることが確実視されていました。しかし、ここにきてそのルートを断念されたそうなのです。悠仁さまはこのままお茶の水女子大の附属中学に内部進学されるようです」

お茶の水女子大附属は中学まで共学、高校は女子校。高校進学の段階でほかの高校を受験されることになる。皇室ジャーナリストは、悠仁さまの進路を変更された原因にも“小室さん問題”が絡んでいると指摘する。

「昨年度から始まった『提携校進学』が、悠仁さまのために作られた特別制度ではないかと疑問を呈する声が少なくないのです。悠仁さまはお茶の水女子大附属幼稚園入園の際には、女性研究者を支援する特別入園制度での合格でした」

この制度が適用された“女性研究者”は、現在まで紀子さまお一人だけだという。

「ただでさえ小室さんの借金トラブルや留学の経緯が国民の疑念を招いている状況です。そんな中で悠仁さまがまた特別な制度で進学となれば、秋篠宮家に批判が集まるのは目に見えています。悠仁さまのご進学先を3年後までに選定し直すのは、秋篠宮家にとって大きな負担です。しかし悠仁さまも影響を受けざるをえないほど、小室さんの問題は秋篠宮家を揺るがしているのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

女性自身

トピックスRSS

ランキング