吉高由里子はロケ弁に唐辛子を…春ドラ女優たちの“美活”とは

WEB女性自身 / 2019年5月17日 16時0分

写真

今春始まったドラマで、ヒロインを演じる女優たちが多忙を縫って実践している美容&健康にいい「美活」術を一挙公開! その効果を専門家にも聞いてみました――。

『インハンド』(TBS系)ヒロインの菜々緒(30)は「酢活」中。

「美容法をいろいろ試した結果、彼女が最近周りに薦めているのがりんご酢。もともと幼いころから家族で飲んでいたそうで、『やっぱりりんご酢がいちばん!』と話していました」(仕事関係者)

『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)主演の吉高由里子(30)は「辛活」に熱心だそう。

「『血行促進してくれそうでしょ!?』と、外食時やロケ弁には七味唐辛子をかけて食べているそうです」(映像制作スタッフ)

美容ライターの梅野利奈さんは言う。

「七味には複数の薬味や香辛料が入っており、なかでも唐辛子にはダイエット効果のあるカプサイシンが豊富。ただ、量をとりすぎると消化器官に負担をかけることも」

『あなたの番です』(日本テレビ系)に主演する原田知世(51)は16年ぶりの民放連ドラ出演だ。

「しかも半年にわたる放送なので毎朝白湯とともに生のにんじんを3本も使い、砂糖は一切入れずにフレッシュな生にんじんジュースを飲んでいるそうです。酵素は熱を加えると壊れてしまいますから」と、ドラマ関係者。

「にんじんには美肌をつくるβ-カロテンが豊富。新鮮な状態ならさらなる効果が」(前出・梅野さん)

「にんじん活」の原田と同様、『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK)で主演する長谷川京子(40)も野菜好き。2児の母でもある彼女が実践するのは「コーン活」!

「とうもろこしがメーンの具だくさんな野菜カレーを自身のインスタグラムでも披露していました。とうもろこしごはんに、ミキサーにかけたとうもろこしをたっぷり入れたカレーで、家族にも大好評だったそうです」(知人)

梅野さんはこの一品に太鼓判。

「とうもろこしは食物繊維が豊富で便秘の解消に効果的。スパイス豊富なカレーからは脂肪燃焼をサポートするクミンがとれます」

「美活」は食だけに限らない。『白衣の戦士!』(日本テレビ系)主演の中条あやみ(22)は「銭湯活」をしている。

「彼女は昔から銭湯通いが好きだったんです。大阪の実家住まいのときは近所に行きつけの銭湯があったとか。東京でも時間をみつけて“短時間でバッと入って、バッと出る”そう。『お客さんが多いときは顔だけ隠します』と笑顔で話していました」(仕事関係者)

『坂の途中の家』(WOWOW)に主演する柴咲コウ(37)は就寝時に「眠活」のポリシーが。

「アラフォーになり、睡眠の大切さに改めて気づいたそうで、最近は寝室にスマホを持ち込まないようにしたそうです。それ以来、よく眠れるようになったそうです」

と、知人。梅野さんも言う。

「睡眠は健康、美容の基本。スマホの光には脳を覚醒させるブルーライトが強く含まれているため、スマホの光を断つことで睡眠の質が向上し、寝つきもよくなります」

春ドラヒロインの「美活」は、日常生活でも役に立つはず!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング