寝室を安らげるパワスポにするには…不用品の整理がカギに

WEB女性自身 / 2020年6月14日 11時0分

写真

「神様というのは“穢れ”に近づくことができません。ですから、せっかく神社やパワースポットに行って、いい気をいただいて帰ってきても、家が汚れていたらその気はリセットされてしまいます。ついてきてくださった神様も、居心地の悪さに逃げ帰ってしまうことでしょう」

そう話すのは、予約半年待ちという大人気の霊的占い師、嶋田美幸さん。嶋田さんは熊本県で三代続く瓦屋の娘として生まれ、地鎮祭や上棟式など、家と関わる神事を身近に感じる環境で育ってきたという。

「どんな家にも、人が住むところには“家神様”がいらっしゃいます。私たちの家の中にはたくさんの神様がいらっしゃいますが、なかでも家神様はその中心的な存在で、住人を災いから守り、導いてくれるのです。ところが、部屋がモノであふれたり、掃除が行き届かずホコリだらけになってしまったりといった具合に家が荒んでくると、悪い気が充満し、家神様の力は薄れてしまいます。当然、外から福をもたらす神様が入ってくることもできません」(嶋田さん・以下同)

空き家になると家が急速に荒廃していくのは、手入れが行き届かないことだけが原因ではなく、家神様がいなくなり、その代わりに貧乏神や疫病神といった災いを呼ぶものがすみ着くからだという。

「きれいなところにはきれいなものが、汚ないところには汚ないものが宿ります。家が汚れていると病気やトラブルなど悪いものを引き寄せてしまいますが、逆にきれいな家では神様がパワーアップし、私たちに幸運をもたらしてくれるようになります。そのカギが、お掃除なのです」

今年2月には、その掃除法をまとめた『神様が味方する奇跡のお掃除術 家と自分をパワースポットにして大開運!』(今日の話題社)を出版。本の内容を実践した読者からは、「宝くじが当たった」「諦めていた結婚が40代になってかなった」「息子のうつ病が治った」などの声が相次いでいるという。

そこで、場所ごとの掃除法について嶋田さんに指南してもらった。

【寝室・安らぎをつかさどる】余計なものを徹底的に片づけて、英気を養える“充電”場所に

寝室は、単に眠るだけでなく心身を癒す重要な場所で、安らぎをつかさどる神様が守っている。寝ても疲れがとれないと感じるのは、寝室が散らかっていたり、ホコリをかぶっていたりして、神様がその力を発揮できないせいかも。

「掃除以外に心がけたいのは、必要最低限のものしか置かないこと。寝室にモノが多いと、眠っている間のエネルギー充電の妨げになるからです。とくにスマホなどの電子機器を持ち込むのはNG。テレビも置くべきではありません」

目覚まし時計や小物類を寝室に置く場合は、最低でも枕の周囲半径30センチより外に置こう。リビングから持ち込んだものは、そのままにせず戻すクセをつけて。

「私たちは寝ている間、日中に受けた邪気を体の外に流しています。朝起きたとき、寝室の空気がなんとなくよどんでいるように感じるのはその影響。起床後は寝室の窓をすぐに開けて換気する習慣を。また、シーツなどの寝具はその邪気を吸っています。汗ばむ季節でなくてもこまめに洗濯しましょう。運気を変えたいときは、3日連続で、毎日シーツを取り替えてみてください。予期せぬ朗報が舞い込んだり、状況が好転したりすることがあります」

掃除で神様を呼び、わが家を最強のパワースポットにしよう。

「女性自身」2020年6月2日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング