「生きてればなんとかなる」『半沢』最終回の台詞に反響続々

WEB女性自身 / 2020年9月28日 17時23分

写真

9月27日、ついに最終回を迎えた『半沢直樹』(TBS系)。7月の放送開始時から放送時には毎回Twitterのトレンド世界1位を記録するなど、驚異的な反響を記録し続けた本作。

前話ラストでラスボスである箕部幹事長(柄本明)に「1,000倍返し」を宣告した半沢直樹(堺雅人)。中野渡頭取(北大路欣也)や大和田常務(香川照之)らの協力を得て、箕部の不正を暴くことに成功し、1000倍返しを達成した。最終回の平均視聴率も32.7%(ビデオリサーチ調べ)と、新シリーズの最高記録に。まさに大団円のまま幕を閉じた。

そんななか、最終回の“ある台詞”に反響が集まっている。

物語中盤で、打つ手をなくし、会社から“島流し”を予告され追い詰められた半沢。自宅で妻の花(上戸彩)に「出向どころではすまないかもしれない」と詫びると、花は「いっそのことやめちゃえば?」と優しくフォローする。そして、「直樹は今まで十分すぎるくらい頑張った」と認めたうえで、涙を浮かべながらこう語りかけた。

「直樹、今までよく頑張ってね。ありがとう。お疲れ様。ていう気持ちでいればとりあえず少しは気が楽になるでしょ。仕事なんかなくなったって生きてればなんとかなる。生きていれば、なんとかね」

SNSではこの花の台詞に背中を押される人々が続々。

《半沢直樹見てるんだけど、 上戸彩さん演じる奥さんの言葉、本当に胸にしみるなぁ……》

《ほんとにその通りだよ、生きてればなんとかなるよ》

なかには、同日に逝去が報じられた竹内結子さん(享年40)と重ねる人も多かったようだ。

《花ちゃんの“生きてればなんとかなる“って言葉、今日竹内結子さんの自殺の件のあってぐっと心に刺さった》

《こんなときだから、生きてればなんとかなるって言葉が心に刺さるね》

《生きてればなんとかなる…今日は特に響く言葉だよな》

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)

フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング