岡村隆史 妻は12歳年下で医者の娘!恩師が明かした婚前秘話

WEB女性自身 / 2020年10月28日 15時50分

写真

「結婚することで、岡村君はいい意味で人間が変わるんじゃないかな。彼は若い時期にスターになってしまって、世間の常識とかけ離れている部分もあったので」

こう語ったのは、ナインティナイン・岡村隆史(50)の恩師である本多正識氏だ。

本多氏は岡村が吉本興業の新人養成スクール「NSC」に通っていた当時、講師を務めていた。

10月23日、『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で結婚を発表した岡村。

「お相手の女性・Aさんは38~39歳で、岡村より12歳ほど年下だそうです。京都出身で、お医者さんの娘だとか。岡村さんとは10年来の付き合いで、交際に発展したのはここ半年だと聞きます」(芸能関係者)

岡村は、本多氏に「女性と旅行に行ったが、付き合っていないから別々の部屋を準備した」と過去に語っていたことがあるという。ラジオ番組ではその“婚前旅行”のお相手こそ、Aさんだったと告白した。

「私が『同じ部屋に泊まらんのはおかしいで!』というと、『いや、なんぼ先生でもこれだけは譲れません!』と岡村君は語気を強めてました(笑)」(本多氏)

ずっと、“はがゆい交際”だったという岡村とAさん。そんななか、思わぬ騒動が。

今年4月、岡村はラジオで「(コロナが明けたら)美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。これなぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と発言。

これに対し「女性蔑視だ」との非難が殺到し、相方の矢部浩之(49)が翌週の放送で、“公開説教”を行う事態となった。

「あのままバッシングが続いていたら岡村さんは芸能界を引退していたかもしれません。しかし見かねたAさんは彼を叱りながらも、同時に優しく励ましていました。いわば、Aさんは引退から救ってくれた女性なのです。そんないきさつもあり、岡村さんは『この人と一緒になろう』と決意したそうです」(岡村の知人)

献身的な支えと京都弁による叱咤によって動いた、岡村の心。恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは、その心理をこう推察する。

「波乱の中にあっても自分から離れない女性に対し、男性は『どんなことがあっても大丈夫』という安心感を抱きます。岡村さんの場合、芸人としての危機や年齢の焦り、さらにはコロナ不安も重なったのでしょう。そのため、パートナーがそばにいるという“心強さ”が欲しかったのかもしれません」

本多氏は、最後に岡村へエールを送った。

「岡村君はお相手のことを『厳しくて、優しい方』と言ってました。厳しいことを言えるのは、矢部君が公開説教したのと同じ。岡村君のことを“真剣に思っている”ということの裏返しです。そんな女性を結婚相手に選んでよかった。結婚により、彼が新しいお笑いを見せてくれる予感もあって、楽しみにしています」

「女性自身」2020年11月10日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング