「こんな役とは…」トータス松本の両親語る最悪父熱演の不安

WEB女性自身 / 2021年2月5日 6時0分

写真

「敦が演じてる父親のことを、全国の皆さんが一体どんな気持ちで見ているのか、気が気でないです」

そんな心配の声を聞かせてくれたのは、ウルフルズのトータス松本(54)の実父である。敦とは、トータスの本名。NHK連続テレビ小説『おちょやん』でトータスが演じている主人公の父親・テルヲが視聴者の間で話題になっているのだ。トータスの実父は続ける。

「ひどい父親やなとビックリしてもうたんです。一回、話の筋から消えて、また再登場したときに“今度は多少マシな父親に変わってるんじゃないか”と期待してたんです。そしたら、前よりもさらにひどい極悪な父親になってて……」

実父の戸惑いも無理はない。トータスが演じるテルヲは、ろくに働かないだけなく、酒癖も悪い。娘を邪魔に思い奉公に出したかと思えば、金を無心するために再び娘のもとへ。そして、通帳を盗む――。その素行の悪さゆえ、気づけば“朝ドラ史上最悪の父”の異名を取るまでに……。

トータス本人も、ただでさえ初の朝ドラ出演で「正直言えば、躊躇した」というこの役どころ。1月29日に『あさイチ』にゲスト出演した際には、「一生懸命お芝居しているだけなのに、こんな言われ方を……」と苦笑もしていた。

実父とともに本誌の取材に対応してくれた実母は、朝ドラが始まってからの息子トータスとのやりとりについて教えてくれた。

「コロナもあって、あの子とは2年半ほど会えてないので、朝ドラで毎朝顔が見られるのを楽しみにしていたんです。第1回を見て、敦に《元気な姿を見て安心しました》とLINEしました」

トータスからも《ありがとうございます。これからもがんばります》との返信があったという。しかし、その後については「連絡してません」とぽつりと言う母。

「本当は朝ドラについていろいろ書いて送ろうと思ってたんです。でも始まってみたら……。まさかこんな役とは思いませんでした。だから何を書いて送ったらええのやらわからなくって。よかったとも言えへんし、悪いって言うのもあれやし(笑)」

それでも実父は「『おちょやん』を毎日、それも朝昼と2回見てます」と明かす。なぜ2回?

「朝1回見てダメな父親やったけど、『昼見たらもしかしてちょっとはマシな父親に見えるかも?』と昼も見るんです。それでも、やっばり朝と一緒で、当たり前なんですが、ダメ親父なんです(笑)。いつもね、嫁さんと『今日もアカンかったな』『そやな、今日も悪い親父やったな』『いや、今日のは特別アカン。ダメが2つ重なる“ダメダメ親父”やで』とか言いながら、毎日2回見てるんです(笑)」



■母が『あさイチ』前のトータスに贈った言葉

ご両親なりになんとかポジティブに捉えようともしているようで……。

「インパクトが強すぎたけど、多くの人に覚えてもらったらいい。今は爪痕を残せたらええと思わないと仕方がないです(笑)」

そう話す実母だが、最近になって息子の“名誉挽回”のチャンスを見つけ、トータスに第1話オンエア日以来、久しぶりのLINEを送ったそうだ。29日放送の『あさイチ』(前述)に息子がゲスト出演することを知ったからだった。

「『あさイチ』は絶対に“名誉挽回”のチャンスやと思いました(笑)。ダメで悪い父親役のせいで、敦までおんなじやと思われそうですけど、実は違うんですよ、と(笑)。『番組で一生懸命説明したらわかってもらえるはずだから、全力で頑張ってほしい』と伝えましたね」

そんななか、テルヲに胸打たれた回もあったという。それは第37話、映画の主演に決まらなかった千代を思いテルヲが激怒するシーンだ。そこでテルヲは撮影所の社長に「おっさん、見る目ないのう!」と啖呵を切っていた。

「テルヲにも娘に“なんとかなってほしい”という気持ちがあるんだなと伝わってきました」(実父)
「なんぼ“のんだくれ”でばくち打つ親でも、子供を思う気持ちは一緒なんやなと……」(実母)

テルヲに垣間見えた“なんとかなってほしい”と子を思う気持ちは、ご両親がトータスを見守ってきた気持ちと重なるようだ。かつて、音楽をやると言いだした息子に父は「好きなようにせい。でも25歳までやで。芽が出なかったらあきらめて帰ってこい」と言い聞かせたという。

「25歳になる直前に東京に行ってしまったけれどね。“なんとかやってくれんとあかん”と思って見ていました」(実母)

そうして“なんとかなった”今も、その評判を心配。子を思う親心は不変、ということだろう――。

「女性自身」2021年2月16日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング