1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

コロナ禍で妻の借金実例「夫からの生活費足りず多重債務者に」

WEB女性自身 / 2021年3月25日 11時0分

写真

「多額の負債を抱えて『夫には言えない』、と悩む人は少なくありません。出費を言いだせず夫婦の不和を呼び、さらにストレスがたまる、というケースもあります」

そう話すのは離婚経験を生かし、カウンセリング的手法で夫婦問題に向き合う弁護士・原口未緒先生。

「コロナ禍で収入が激減し、やむなく借金をしてしまった人も多いです。借入金が膨らみ、完済のめどが立たない場合、基本的な選択肢は以下のようになります。高い金利を再計算し返済計画を立てる『任意整理』。借金の元金も減らせる『個人再生』。全ての返済義務が免責となる『自己破産』です」

これらの手続きを踏み、免責を受けると一定期間、借金ができないなどの制約もある。

「救済のための法律ですから、悲観しないで。ただ、一時的に借金を清算しても、根本原因は解決しないといけません。第三者に相談すれば道は開けます。一人で抱え込まないでくださいね」

そんな「コロナ禍借金」について、原口先生が実例をもとにアドバイスをしてくれた。

■夫からもらう生活費が足りず、秘密で借金し多重債務者に

夫から渡される10万円の生活費だけでは毎月赤字になり、不足分をパートの給料でまかなっていましたがコロナのために仕事が激減。夫名義でカードを作りキャッシングを繰り返しています。すでに3社合計100万円ほど借り入れが膨らみ夫に話したら激怒されそうで言えません。溺愛されて育った私にとって粗暴な夫が怖く、結婚生活はストレスだらけ。それで浪費グセがあるのかも。(50歳・派遣社員・主婦)

【回答】「人生の修正を」

夫に話して今回だけ次回のボーナスで補填してもらう、または債務整理や自己破産をする、という道もありますが、それは根本解決にはなりません。

まず借金ですが、もし頼れるのであれば親御さんに「1回限り」と平謝りで、負債を支払ってもらえるようにお願いしてみましょう。夫婦関係のストレスで浪費が直らないのであれば、夫に話すことで夫婦関係は悪化するだけ。

今後のあなたの人生を本当に軌道修正させるには、離婚する選択肢もありますが、おそらくいますぐには経済的に難しそうです。であればストレス解消の手段をほかに見つけては?

満たされないストレスもあるのなら、たとえばやりたい習い事やボランティアをするとか。奥の手ですが、夫婦の不和がつらいのであれば彼氏を見つけては? プラトニックもありだと思いますし心の支えになります。そうして本当に相性のよい人と巡り合って相手が結婚してくれれば万々歳ですよね。

新しい道、生きがいを見つけることが根本解決になりそうです。50代で離婚・再婚も含めて再出発するケースはいくらでもあります。(原口先生)

「女性自身」2021年4月6日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング