1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

梅沢富美男の“役者力”「バラエティ番組に出るときも演じているよ」

WEB女性自身 / 2021年3月29日 6時0分

写真

「私生活は全然そんなことなかったんだけど、役者としては二枚目の顔で挑んでましたね。インタビューで何を聞かれても『別に』って答えてたし(笑)。テレビで『関係ねぇだろ! だったら俺のこと使わなきゃいいだろ!』って言ったこともあったね(笑)」

特別番組『太川陽介のスナック歌謡界〜昭和スターが集う店〜』(Jテレ・3月26日22時30分〜)のゲストとして登場した梅沢富美男(70)。番組内では、代表曲『夢芝居』の作詞・作曲を担当した小椋佳氏もサプライズ出演した。

今や歯に衣着せぬ物言いで引っ張りだことなったバラエティ番組でも“役者力”が生かされている。

「バラエティ番組に出るときは演じてるよ。だって番組によっていろんな色があるじゃん。口ゲンカしたり、深夜番組では下ネタ言ったり、そうやって自分を番組の色に変えていってあげないとね」

これまでも幾度となく歌ってきた『夢芝居』。一昨年、あるイベントで新たな発見があったという。

「『オードリーのオールナイトニッポン』の企画で日本武道館で歌ったときはすごかったね。あんな大きい舞台で歌うのは初めてで、お客さんの『わー!』って歓声でイントロが聞こえなかったんだよ。それがいちばん興奮してね、“歌”ってすごいなって初めて認めた! それまで歌のすごさっていうのは名前が売れることだと思ってたんだよ。だから、みんな我慢してNHK(紅白)出てるんだろって(笑)」

現在、70歳。これまで、5年周期でやってきたという“モテ期”の年令だが……。

「65歳のときはすごかったんだよ! こういう時期だから、今年はまだ来てないんだよね(笑)。今は、表もウロウロできないからな……。コロナが明けたら、もう、夜な夜な出没すると思うよ! 『女性自身』、お待ちどうさまだよ。行くときは連絡するから(笑)」

「女性自身」2021年4月6日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング