1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

小室さん文書に残る謎…佳代さんは400万円を何に使ったのか

WEB女性自身 / 2021年4月14日 11時0分

写真

4月8日、小室圭さんがいわゆる金銭トラブルについて説明する文書を公表した。

宮内庁長官も「非常に丁寧」と評価した小室さんの文書。しかし、よくよく読んでみると、いくつもの疑問点が浮かんできた。

【佳代さんは400万円を何に使ったのか?】

《元婚約者の方が私の大学の入学金や授業料を支払うために母に金銭を貸し付けたという報道がありますが、入学金と授業料についてはすべて私の貯金と奨学金で賄っています》

文書内でこのように説明した小室さん。元婚約者・X氏から受け取った金銭は、自分の学費には一切使っていないというのだ。

ただ、そうなると別の疑問も浮かんでくる。

小室家のマンションのローンは佳代さんの夫が亡くなった際に完済。佳代さんの洋菓子店のパートと遺族年金という収入もあった。

そんななか、’10年11月からの1年2カ月で佳代さんが受け取った金額は400万円以上。「生活費」では使い切れそうにないが、学費以外の何に使われたのだろうか?



■佳代さん「おねだりメール」の真相は?

【“セレブ要求”はなかったことに?】

文書には、佳代さんとX氏が’10年9月に婚約に至るまでのエピソードも記されている。

《婚約にあたり、元婚約者の方は母に、お互いの友人を呼んでクルージング婚約パーティーを開きましょうかという提案や婚約指輪を贈りたいという提案をしてくださいました》

このように、X氏が自ら進んで、佳代さんに“セレブなもてなし”を提案していたのだという。

しかし、佳代さんは《豪華なパーティーを開いたり高価な指輪をいただくよりも他の使い道を考えた方がよいのではないか》と思うようになり、X氏の申し出を断ったというのだ。

一方、『週刊文春』(’20年12月17日号)は、婚約直前、佳代さんからX氏へのセレブな食事を“おねだり”する、次のようなメールが送られていたと報じている。

《次回は代官山ASOでキャビアのパスタを是非!》

《今年は圭の大好きな恵比寿ウェスティンHの『龍天門』でお祝いDinnerしたく》

同誌はさらに、クルージング婚約パーティを持ちかけ、X氏に試算させたのも佳代さんだと報じているが、はたして真相は――。

「女性自身」2021年4月27日号 掲載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング