1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

菅田将暉 小松菜奈との同棲報道にファン歓喜!批判皆無のワケ

WEB女性自身 / 2021年6月18日 6時0分

写真

6月17日、菅田将暉(28)が小松菜奈(25)と同棲していると報じられた。『NEWS ポストセブン』によると今年初めに菅田が小松の住んでいたマンションの別部屋に引っ越したという。6月中旬には小松が自分の部屋を解約し、2人で暮らし始めたと伝えられている。もともと小松に片想いだったという菅田は、交際祝いに友人らとパーティーを開き、結婚を決断するほど小松に惚れ込んでいると報じていた。

2人の熱愛がスポーツ紙によって報じられたのは昨年3月。16年公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』『溺れるナイフ』、そして昨年8月に公開された映画『糸』で再共演。何度も共演を重ねたビッグカップルの誕生は、世間から大きく注目を集めた。

そんな菅田は昨年8月、映画『糸』で3度目の共演となる小松について本誌にこう語っていた。

「彼女は僕にとって“戦友”のような存在なんですけど、今回初めて『エキストラさんに何か温かいものを差し入れできないかな?』と相談されて。主演って肩書が似合うさまを見せられましたね」

小松を“戦友”と呼んだ菅田だが、役者として成長する彼女を側で支えてきたという。

「菅田さんと小松さんが交際に発展したのは、19年秋頃です。『糸』の撮影期間中に、菅田さんが小松さんにアタックしたといいます。そんな2人が仲良くなったのは、キスシーンも話題となった『溺れるナイフ』がきっかけ。全編和歌山県でのロケで、2週間以上一緒に過ごしたのです。

当時19歳だった小松さんは撮影を『過酷だった』と振り返るほど、体力的にも精神的にも限界だったといいます。そんな彼女の姿に菅田さんは、自分が19歳の時に演技で奮闘した経験が重なったといいます。役者として“転換期”に立つ小松さんを、菅田さんは『支えてあげたい』との思いで撮影に臨んでいたようです。小松さんも菅田さんの存在に助けられたそうで、『一生忘れられない仕事』と語っていました」(映画関係者)



■交際、同棲報道に批判ゼロ

共演を通じて絆を深めてきた菅田と小松。そんな2人の同棲報道に、世間からの反応は“批判ゼロ”だという。実際、ネットでは歓喜の声が溢れている。

《菅田将暉と小松菜奈とか素敵すぎる!!》

《菅田将暉と小松菜奈同棲は熱いぞ! 雰囲気がもうお似合い過ぎやん》

《小松菜奈ちゃんと菅田将暉はお似合いすぎる。お互いの魅力に気づいて惹かれあってるって素敵だなぁ。このまま結婚まで一直線で駆け抜けてほしい》

「『溺れるナイフ』公開時から、劇中でのあまりのハマりっぷりに“本当に付き合ってほしい!”という声がたくさんありました。昨年の交際報道時も、批判の声は皆無。その後に公開された『糸』では、菅田さんと小松さんが演じた切ない恋模様に心を打たれた観客が続出しています。そんな2人が本当の恋愛関係に発展することはイメージしやすく、応援したくなるファンも多いのではないでしょうか。

また菅田さんはトーク番組で、『お酒は飲まない、夜遊びもしない』と語っていました。そういった真面目な一面も、“小松さんを大切にする”といった安心感を与えているようです」(芸能関係者)

公私ともに順風満帆な菅田と小松。このままゴールインする日も近いかも?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング