1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

「アーチーを王子にすべきではない」アンケートで95%が回答

WEB女性自身 / 2021年6月21日 18時56分

写真

ヘンリー王子とメーガン夫人の長男アーチーには、現行のルールに則ると、祖父チャールズ皇太子が国王に即位すれば「Prince(王子)」の称号が与えられる。しかし、これを望む国民はごく少数に限られているようだ。

Express.co.ukが2万人の読者を対象にアンケートを行った結果、「アーチーを王子にするべきではない」との回答が95%(19,090人)と、圧倒的多数に上ったという。「王子にするべき」は4%強の807人にとどまり、残りの136人は「わからない」を選択した。

メーガン夫人は、3月にオプラ・ウィンフリーから受けたインタビューで、「アーチーが王子になることは望んでいません」と言いながらも、アーチーが儀礼称号として使用することになっている「ダンバートン伯爵」の爵位は夫婦そろって「使いたくない」とも明言している。

「ハリーのお父さんが国王になったら、自動的にアーチーと今度生まれてくる赤ちゃんが王子か王女になるのでしょうけど、私たちにそれを奪う権利はありません」というどっちつかずな態度から、「内心では王子の称号が欲しいのでは」との憶測が飛び交う結果となったと、Mail on Sundayは報じている。

Mail on Sundayによれば、チャールズ皇太子は以前から、経費節減のために王室のスリム化を計画しているということを公言しているという。王子、王女が増えれば警備費用がかさむことからアーチーを王子にはしないと、チャールズ皇太子はヘンリー王子夫妻に通告したとも報じた。

しかし、歴史家で作家のロバート・レイシーは、「アーチーが18歳になったときに、王子の称号を受けるかどうかを選ばせるのではないか」とTHE TIMESの連載に綴っている。

ヘンリー王子が次回帰国するのは、7月1日に予定されている故ダイアナ妃の生誕60周年を記念した銅像の除幕式だと見られている。父や兄との関係修復は叶うのだろうかーー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング