1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

小室佳代さん 庶民派にキャラ変の真意…天皇家の親戚意識か

WEB女性自身 / 2021年6月30日 6時0分

写真

「1年ほど前には周りの人たちに『さようなら』と別れを告げて、いなくなろうとしていたんです。なかには『ちょっと待ちなさい! 悔しくないの!?』と励ましてくださる方もいました。でも『一生このまま状況が変わらないのなら、もういいかな』って考えるようになってしまって」

この発言の主は、小室圭さんの母・佳代さん。’17年12月に金銭トラブルが報じられて以来、マスコミに対して口を開くことがなかった佳代さんだったが、6月22日発売の『週刊文春WOMAN』に、心情を告白しているのだ。

3年以上も沈黙を続けていた佳代さんだが、約1年にわたり接触し続けたという文春WOMANの記者には心を開いていったのか、冒頭のように度重なる批判報道への心境を吐露したほか、現在の暮らしぶりや圭さんとの親子関係などについても語っている。

ただ、肝心の金銭トラブルについては多くを語っていない。婚約解消の際に元婚約者・X氏から「差し上げたものです」などと返済を求めない旨の言葉があったと話すのみだった。苦しい心情を明かした佳代さんだが、金銭トラブルの当事者でありながら、これまで説明をしてこなかったのは佳代さん自身だった。

そして、X氏は解決金についての交渉に応じる意思を示しており、小室家側の代理人には「佳代さんと直接会って話がしたい」という希望を伝えている。だが、いまだに返事はないというのだ。

この記事についてX氏はどう受け止めているのだろうか。X氏の知人に話を聞くと、

「記事については、彼は何も話すことはないと考えているようです。佳代さんとの話し合いが早いうちにできるようになれば、というのがXさんの願いです。ただ、小室家側からはいまだに何の連絡もありません。佳代さんは長期入院していると聞いていましたが、足の手術が終わって体調がよくなっているというのであれば、早くXさんに会って、忌憚なく意見を交わせばいいと思います。彼は高齢ですし、膠着状態が長引くようなことはしてほしくありません」



■元婚約者との面会を2カ月にわたり拒否

佳代さんの発言によれば4月上旬から足の手術で入院していたというが、1カ月弱で退院したという。つまり、それから約2カ月にわたってX氏からの面会要求を拒否している状態なのだ。

佳代さんは、圭さんの結婚を進めるためにも金銭トラブル解決に着手する必要があるのでは――。しかし皇室担当記者は「もはや結婚は確定してしまっている」と語る。

「昨年11月に秋篠宮さまが『結婚を認める』と発言されて、眞子さまと小室さんの結婚は既定路線となりました。秋篠宮ご夫妻も宮内庁もこれ以上の長期化は望んでおらず、金銭トラブルが未解決のまま結婚する可能性も大いにあります。もしそうなれば、世間の関心もしぼみ、解決する必要もなくなる――。そういった希望的観測が背景にあるのかもしれません」

すでに佳代さんの中でこの問題は“終わったこと”であり、会わないことで金銭トラブルの“強制終了”を狙っているのだろうか。

一方で、記事の中では佳代さんの意外な一面も垣間見える。“セレブ志向”が強いとされてきた佳代さんだが、スーパーの野菜売場で「トレビスが三十九円! 安いですね」と思わず口にするなど、庶民的な一面を見せている。

また、息子・圭さんとの“母子密着”といわれてきた関係についても「『マザコン』『教育ママ』だなんて書かれたりもしましたよね。五十年以上生きてきて、初めて言われました」と否定。「十八年に米国留学してからは、それほど連絡は取っていません」といい、なんと4月に公表された金銭トラブルの説明文書も、圭さんから公表日を伝えられていなかったという。



■佳代さんはまもなく“元内親王の義母”に

セレブではなく庶民派、母子密着ではなく自立した息子を見守る母――。これまでのイメージを覆すような一面を見せた佳代さん。

だが、X氏が公開したメールで佳代さんは、高級レストランでのディナーや婚約のお披露目にクルージングパーティをねだっていた。また、圭さんの留学前には親子そろって出勤していた。

“セレブ志向”や“母子密着”は報道が作り上げたイメージだと言い切れるのか。ここにきて佳代さんが急激な“キャラ変”を狙っているようにも見えるが――。

「元内親王の義母ともなれば、新年など折に触れて皇室の方々と会うことにもなります。結婚が現実味を帯びてきたことで、佳代さんは“天皇家の親戚”になることを意識し始めたのかもしれません。また、佳代さんが“メディア露出”を解禁したことで、今後さらなる告白があるかもしれません。婚約延期に至るまでの秋篠宮ご夫妻とのやりとりなども、明らかにされる可能性があります。秋篠宮ご夫妻が相当厳しい言葉を小室さん親子に浴びせていてもおかしくありません。ご夫妻はそれらが明かされることを恐れているのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

’17年9月、眞子さまとの婚約内定に際して、佳代さんは次の言葉を息子の圭さんに贈っていた。

《主人亡き後、息子は自発的に物事に取り組み、努力を重ね、ご尊敬申し上げる方々からのご指導のもと、人生の要所要所を固定概念にとらわれることなく決断してまいりました》

“母子密着”ではないという佳代さんと圭さんだが、“固定概念”にとらわれないやり方は母子共通なのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング