1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

食ジャーナリストが元AKB店主の告発に反論も“文体”に「出禁になって当然」と火に油

WEB女性自身 / 2021年9月29日 20時18分

写真

《ラーメン評論家の入店お断りします ラーメン評論家の方々とお会いしてきましたが、8割が私へマウンティングか言葉のセクハラが酷い人ばかりでした それもあり避けたら裏で中傷される始末 うちにはマイナスしかなかったです》

こうツイートしたのは、かつて『バイトAKB』として活動していた梅澤愛優香さん(24)だ。現在3つのラーメン店を経営する梅澤さん。9月24日、Twitterで「ラーメン評論家の入店禁止」を表明した。

梅澤さんは被害の詳細について、『テレ朝news』に明かしている。ある評論家から無断で“首から下の体だけの写真”を撮られたと明かし、「気分が悪くなって、怖いですし、どういうふうに使われるかというのも」と“セクハラ被害”を告発したのだ。

さらにその評論家が、ブログで「バイトAKB!! これはヤバい。ここヤバい会社だけど、地元の某業者にお金払わなくて」と梅澤さんに対して投稿していたと告白。「事実無根」と断言した梅澤さんは他の評論家たちからもセクハラや中傷があったといい、そのため冒頭のように入店禁止を発表することにしたという。

梅澤さんは評論家の名を「H氏」とイニシャルだけ明かす形で告発していた。ところが、まさかの展開に。フードジャーナリストのはんつ遠藤氏が、ブログで《それ、僕です!》と自ら名乗りを上げたのだ

28日、自身のブログで約5,700字にわたって梅澤さんへの反論を掲載したはんつ氏。冒頭で「本当は何も言わないつもりだったんです」といい、その理由についてこんな説明をしている。

「『女、子どもには、手を上げない』が、僕の主義。相手が男だったらまた違っただろうけど、女性なんで、男はじっとするものだと」



■「人妻シリーズ」のために無断撮影。「僕が正しい」と思う謎論理

はんつ氏は無断で写真を撮った事について「これはひどい、はんつ遠藤。単なるエロおやじだ」としながらも「僕は本人だから分かるんですが、こいつは、昼間はそこそこイイ奴なのに(そこそこね)。お酒飲むと泥酔しちゃって豹変というか、飲み始めて30分くらいですぐにダメ人間というか、人格破綻者になっちゃう」といい、こう記した。

「梅澤さんの件は、まだまだ良いほうですよ。他の女性とか、もっとひどい。これをきっかけにMe Too!! でしたっけ? どんどん出てくるかも。。。」

はんつ氏によると梅澤さんの写真を撮影した当時『人妻シリーズ』と題し、人妻との架空のデートシーンをFacebookにたびたび投稿していたという。「いや、大した文章じゃないんすよ。でもユルい感じもあって、Facebookの友達限定の書き込みにはぴったり。スゲー大人気だった」といい、「泥酔してるので覚えてない」ものの『人妻シリーズ』に使用するため写真を撮ったと説明。そして、こう述べた。

「そのあと写真がどうなったかって話ですけど、結局、翌日になって冷静に考えたら、梅澤さんは人妻じゃないので、人妻シリーズの写真には使えないという当たり前のことに気づき、写真は使われてないですw」

また中傷行為については、「それって中傷じゃなくて、単に起きたことで。。」としたはんつ氏。内装業者から「梅澤さんが工事代金を支払わないので困っている」との相談を受けたラーメン店から、タレコミがあったというのだ。しかし“単に起きたこと”とする根拠は「僕的には友達を信じたいので、僕のほうが正しいとは思ってます」と、梅澤さんが工事代金を支払っていないという客観的な証拠があるわけではないようだ。

そしてはんつ氏は「もちろん、はんつ遠藤がお酒飲むとすぐに泥酔しちゃってダメ人間になっちゃうことが一番の原因m(__)m本当にダメなヤツだなぁ。。」とし、「なんというか、たまに梅澤さんを攻撃する人がいますが、それは違うよ」ともコメント。しかし、こう続けている。

「いいんです。このままで。女、子どもに手をあげては、いかんです(きっぱり)」



■自分ツッコミに自分語り。そして“男は我慢してやっている感”

その後、はんつ氏は「僕は本当のところラーメン評論ができなくてフードジャーナリストに移行しました」などと自身の職業について400字ほど説明。そして、こう結んでいる。

「ダラダラと書いてて、3時間だ。。。もちろん飲みながら書いてたので、誤字脱字ハンパない気がしますが、ご容赦ください。次回の会見までにポニーテールにします!!!(こらーーー!!!)お疲れ様でしたm(__)m」

約5,700字の“超大作ブログ“で梅澤さんに反論したはんつ氏。しかし無断で梅澤さんを撮影したこと、そして真偽が定かでない情報をもとに、梅澤さんを貶める文章を書いたことに変わりはなさそうだ。

文中でたびたび自分語りや自慢話を披露し、「女、子どもには、手を上げない」と当たり前のことを書いて“紳士的な自分”を強調していたはんつ氏。こうした文体にも批判が続出し、かえって火に油を注ぐ事態となっている。

《ラーメン評論家ブログ、最初は笑ってたけどじわじわ腹立ってきた。酒のせいだからセクハラ許してね~な態度とか、自分に非があるのに女子供には手をあげない俺かっこいいにすり替えるとか、人として無理すぎる》

《セクハラや中傷疑惑に対する意見とするなら酒飲みながら書くのがまずありえない。「悪意はなかったんですよ〜笑」的なことを言いたいんだろうがそういう問題じゃない》

《「不快な思いさせたことはごめん!」レベルの謝罪すらなく、飲酒とエロ親父化する悪癖を反省と見せかけて終始免罪符にしている神経も凄い》

《梅澤さんにしっかり謝罪しなよ。『酒飲んで人格破綻する』ならなおさら悪質だし、『人妻シリーズ』なんて梅沢さんのお店に全く関係ないじゃん。結局質の悪い嫌がらせだし、出禁になって当然だ》

ブログが波紋を呼ぶなか、《友達から「なんでブログの記事の最後に、YouTubeのURL貼らないの?」という助言が!! なるほどなぁ。お金儲けが下手だなぁ》とツイートしたはんつ氏。受けるべきアドバイスは、そのことだけではないようだがーー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング