1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

“ママ友”篠原涼子とは対照的?別居報道の長谷川京子に批判が少ない理由

WEB女性自身 / 2021年10月3日 11時0分

写真

9月30日、「NEWS ポストセブン」で家族との別居が報じられた長谷川京子(43)。’08年10月に「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47)と結婚し、2人の間には長男(12)と長女(9)がいる。

同サイトによれば、すでに都内の高級マンションで1人暮らしをしているという長谷川。現在は平日と週末に分けて、新藤と子供の世話を分担しているというのだ。9月のある日曜日に長谷川は長女と知人宅を訪問したものの、長女は「ママ、またね!」と自宅に帰宅。一方の長谷川は、自宅とは別のマンションに帰っていく姿が目撃されている。また新型コロナの影響で新藤の在宅時間が増えたことから、夫婦関係に変化が生じたとも伝えられている。

家族を置いて単身別居が報じられた長谷川だが、実は今年7月に市村正親(72)との離婚を発表した篠原涼子(48)と“ママ友”でもある。

「’17年に放送されたトーク番組で、井川遥さん(45)が仲の良いママ友として長谷川さんや篠原さん、板谷由夏さん(46)の名前を挙げて話題になりました。なかでも長谷川さんと篠原さんは、下のお子さんを同じ’12 年に約1カ月違いで出産しています。さらにお子さん同士が同じ私立小学校に通うなど、何かと共通点が多いのです。同じ“女優ママ”として、日頃から悩みを相談し合っていたといいます」(芸能関係者)

本誌は篠原が市村と離婚する以前から、篠原が単身別居をしていたことをいち早く報じてきた。長谷川と同じく夫と子供2人を残して家を出た篠原だが、その“自由ぶり”には批判の声が相次いだ。

「篠原さんは市村さんと別居すると、たまにしか自宅に帰らなかったそうです。自宅ではほぼ住み込みの家政婦さんが、子供たちの世話をしていたといいます。さらに篠原さんは、子供の学校行事にも顔を出さなくなったそうです。離婚後は、積極的に育児をしていた市村さんが親権を持つことになりました。さらに篠原さんには、韓流アイドルとの親密な関係も報じられました。そんな篠原さんの行動に対して、『子供が可哀想』という声が相次いだのです」(ワイドショーデスク)



■篠原と同じ単身別居でも批判が少ないワケ

ところが篠原と同じく単身別居したという長谷川には、批判の声は少ないというのだ。一体なぜなのか。

「長谷川さんは日頃からトーク番組などで、豊富な育児エピソードを披露していることでも知られています。9月には7年半にわたって綴ってきたエッセイが書籍化されたばかり。子供の成長を見守ってきた母親としての長谷川さんの思いが詰まっています。

一方、今年で夫婦生活13年目を迎えましたが、夫の新藤さんは’15年に浮気疑惑が写真週刊誌に報じられました。ですが長谷川さんは、現在に至るまでノースキャンダルです。その点は篠原さんと大きく異なるのではないでしょうか。

また長谷川さんは’19年に16年ぶりの写真集を発表し、今年5月にはランジェリーブランドを立ち上げるなど仕事に精力的です。そんな彼女のポリシーは、『子供たちに自分の仕事を誇れるように』だといいます」(ファッション関係者)

ネット上では、長谷川の単身別居に理解を示す声が上がっている。

《お互い子供と自分を大切に出来ていて、経済的に困らないのならそれでいいのでは?》

《夫婦が一緒に住んでいることが子供の幸せでもないと思う。冷えた関係で一緒にいてギスギスする方が子供もストレスを感じるんじゃないかな。子供とも会ってコミュニケーション取っているなら別にいいのでは?》

《別居しても育児は分担できてて良いと思います。芸能人同士ですし、仕事は不規則。どちらか忙しくない方が育児を多く分担するだけなのかと思います。家を出たから愛情がないとか薄情な母親と言うわけではなく、仕事量から仕方ないこともあると思います》

果たして長谷川は、どのようなライフスタイルを思い描いているのだろうかーー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング