1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

新田真剣佑が抱く郷敦へのライバル心…千葉真一さんの納骨式待たず再渡米、兄弟共演も固辞

WEB女性自身 / 2021年11月29日 16時0分

写真

千葉真一さん(享年82)の百箇日法要と納骨式が11月26日、千葉県内の寺で行われた。法要の施主は、千葉さんの長女である真瀬樹里(46)が務めた。

千葉さんを“オヤジ”と慕い、弟子として唯一法要に参列した若山騎一郎(57)は、こう語る。

「出席者は、オヤジの親戚や知人など10人ほど。千葉さんのご両親が眠るお墓に納骨され、施主の樹里も、四十九日のときは泣きはらしていましたが、無事に納骨できて感慨深そうでした」

一方で同日に、都内のある寺でも“百箇日法要”が営まれていた。

「生前の千葉さんを支援していたOさんという女性が取り仕切った法要でした。千葉さんの弟子筋の多くはそちらに出席したようです」(映画関係者)

しかし、千葉さんの遺骨と対面していなかった長男・新田真剣佑(25)は、どちらの法要にも姿を現すことはなかった。

「真剣佑さんは9月下旬に米国から帰国しましたが、四十九日法要にも自主隔離のため参列せず、その後も遺骨と対面していません。誕生日の11月16日を日本で迎えた直後、再び渡米しました。実写版ドラマ『ONE PIECE』のロケ先に直接向かったと聞いています」(真剣佑の知人)

父への供養はハリウッドでの活躍と言わんばかりに、日本を離れた真剣佑。だが実は、弟・眞栄田郷敦(21)への嫉妬も、早々の渡米の理由の1つだったという。

「最近、郷敦さんの役者としての評価は上昇中です。『ノーサイド・ゲーム』『プロミス・シンデレラ』(ともにTBS系)などヒット作に出演し、漫画『キン肉マン』の実写化にまつわるドラマでは主演を務めるまでになりました。

先にデビューした真剣佑さんは、“国宝級イケメン”としてブレークしましたが、事務所を退所し、海外に拠点を移したこともあり、現在では日本でドラマや映画のオファーがなくなってしまいました」(芸能プロ関係者)

立場が逆転した兄弟の距離は広がりつつあるという。

「郷敦さんはおっとりしていて意識していませんが、真剣佑さんのほうが弟へのライバル心が強い。実は真剣佑さんより、アクション指導を直接受けた郷敦さんのほうが、お父さんの薫陶を色濃く受けているのです。

こうした点も、真剣佑さんの嫉妬心をかき立てているのでしょう。兄弟共演のオファーも、決して受けないと聞いています」(前出・知人)

役者として競い合う兄弟を、天国の千葉さんは頼もしく思っているのかもしれないー―。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください