ジョン・レノンが「ペーパーバック・ライター」録音時に使用したギターが競売へ

WEB女性自身 / 2014年10月6日 11時0分

写真

(C)TracksAuction.com/Youtube
ビートルズの12枚目となるシングル「ペーパーバック・ライター」がリリースされたのは今から48年前のこと。この曲をレコーディングした際に、ジョン・レノンが使用したグレッチのギターが競売にかけられることになった。予想落札価格は100万ドル(約1億900万円)。
 
このグレッチ6120は、1967年にレノンが従兄弟のデヴィッド・バーチに贈ったものだという。バーチは譲り受けたときのことをこう語る。
 
「当時、僕は自分のバンドがやりたくてね。ジョンに余ってるギターをもらえないかと頼み込んだんだ。スタジオに連れて行ってもらったとき、僕は青いフェンダーのストラトキャスターに目を付けたんだけど、ジョンはこっちの方がいい、とグレッチをプレゼントしてくれたのさ」。
 
オンライン入札は11月14日、TracksAuction.comにてスタートする。

女性自身

トピックスRSS

ランキング