ブラッド・ピット、幼稚園児でショットガンのオーナーに

WEB女性自身 / 2014年10月15日 0時0分

写真


(C)Norman Licensing, LLC 2014
 
 
米国は言わずと知れた銃社会だが、その中でもこれは異例と言えるのではないだろうか。ブラッド・ピットが初めて自分の銃を持ったのはわずか6歳のときであったという。Radio Times誌のインタビューで明かした。
 
オクラホマで生まれ、ミズーリで育ったピットのおもちゃはエアガン。それがショットガンにアップグレードするのにそう時間はかからなかった。この記念すべき最初の銃は祖父から譲り受けたものだとか。
 
8歳のときには発砲を初体験した。銃に馴染みのない日本人からすると、情操教育に悪影響が及ぶのでは  とも思えるが、ピットは「武器と共に育つことが、銃に対する責任感を教えてくれた」と語る。
 
「兄弟は父親の銃をもらったんだ。僕が祖父からショットガンを受け取ったのは幼稚園児のときだ。父は僕に武器への敬意を深く叩き込んだ。これはすごく良いことだと思うよ」。
 
そんな幼少期から武器に慣れ親しんだピットは最新作『フューリー』で、第二次大戦末期に最後の抵抗を繰り広げるドイツ軍に対し、たった5人で戦車に乗り込んで立ち向かう指揮官を演じている。

女性自身

トピックスRSS

ランキング