蛭子能収のゆるゆる人生相談「コンプレックスの克服は…」

WEB女性自身 / 2014年11月3日 13時0分

蛭子能収のゆるゆる人生相談。今回の相談者は石川県珠洲市の会社員・はなまるさん(27)。
 
「私は、鼻が丸いのがコンプレックスです。美容整形も考えていますが、親からは反対されています。蛭子さんはコンプレックスはありますか?また、どう克服しているのですか?」
 
蛭子さんのお答えは  。
 
昔は、一重まぶたがはやったけど、今は二重がいいみたいに、美人の基準は変わっていくんですよ。
 
だから、鼻が丸いほうが美しいとされる時代まで待てばいいんですよ。それに、丸くてプヨプヨしている鼻はカワイイですよ。逆にそれを売りにすればいいんです。とくに今は、個性ある顔が求められるから、おかしい顔のほうが絶対いいですよ。
 
テレビだって、使い勝手がいいじゃないですか。それに世の中の人も、そんなに美人を望んでいないと思うんですよね。
 
オレは、演技はダメだし、漫画も下手だし、もっといい顔になりたいけど、コンプレックスではないですよ。
 
ただ恥ずかしいのは知識がないこと。先日も『ネプリーグ』(フジテレビ系)で、みんなの足を引っぱってしまって。事前にスタッフが答えを教えてくれるクイズ番組なら、コンプレックスも解消されるんだけど。

女性自身

トピックスRSS

ランキング