今年最も稼いだミュージシャンの座からマドンナが陥落! 1位になったのは……

WEB女性自身 / 2014年12月11日 14時0分

写真

(C)Forbes
米経済誌Forbesが毎年恒例の「今年最も稼いだミュージシャン」を発表した。
 
2014年に6億2000万ドルというヒット映画の興行収入並みの額を稼ぎ、断トツの1位に輝いたのはラッパーのドクター・ドレー。ここまで収入が膨れあがったことには当然理由があり、「b」マークでおなじみのヘッドフォンブランド「Beats」を30億ドルでアップルに売却した利益が莫大なものになったことが要因だ。レコードを売ったり、ライブをしたりというミュージシャンの本業からは長らく遠ざかっており、もはやミュージシャンというよりも実業家と名乗るべきなのかもしれない。
 
2位は1億1500万ドルのビヨンセ。この額も凄まじいものなのだが、ドクター・ドレーの6億ドルに比べるとあまりそれが伝わってこない。全国ツアー「ミセス・カーター・ショー」が大成功を収めたほか、ペプシやH Mとのエンドースメント契約による収入もあった。一人娘ブルー・アイヴィーの成長や、夫ジェイ・Zとの不仲、妹ソランジュによるジェイ・Zへの暴行などさまざまな話題を提供し、ほぼ毎日のようにメディアに登場していたビヨンセは企業にとっては最良の広告塔だ。この快進撃はまだまだ続くだろう。
 
3位から5位まではロック界の重鎮とも言うべき顔ぶれが並ぶ。1億ドルのイーグルス、8,200万ドルのボン・ジョヴィ、8,100万ドルのブルース・スプリングスティーンはいずれもツアーによる収入が稼ぎの源となった。
 
6位は8,000万ドルでジャスティン・ビーバーがランクイン。逮捕されたり訴えられたり、国外退去を熱望されたりと、「お騒がせ要員」としての地位を確立してしまった感のある彼だが、音楽活動も真面目に行っているようだ。特にツアーは過去最高の売り上げを記録したという。
 
全世界の女の子のハートを鷲づかみにしたワン・ダイレクションは7,500万ドルで7位。こちらもライブが成功した上、アルバムの売り上げも上々。さらにペプシのコマーシャルへの出演料も大きかった。
 
8位はTop10で最年長のポール・マッカートニー。御年72歳にして7,100万ドルを稼いだ。日本でのライブは体調不良により中止となってしまったが、ツアーでは一都市につき350万ドルを売り上げていたというのだからさすがという他ない。
 
9位には世界で最も稼ぐDJこと、カルヴィン・ハリスが登場。自身のアルバムの売り上げに加え、リアーナらに楽曲を提供したことによる収入が大きく、6,600万ドルに上った。
 
カントリー勢から唯一人Top10内に滑り込んだのはトビー・キース。自身のレコードレーベルを持ち、何枚もプラチナディスクを送り出している。無骨な顔つきで、決して イケメン ではないが、ビデオでは大体酒を飲みながら陽気に歌っており、その親しみやすさから男女問わず人気がある。経営するレストランチェーンも好調で、今年は6,500万ドルの収入を得た。
 
昨年1億2,500万ドルを稼いで首位に立ったマドンナは、今年はまさかの30位圏外。同じく昨年2位だったレディー・ガガも、ギリギリ30位と、その勢力図は大きく塗り替えられた。
 
11位から30位までは以下に列挙した。
 
11位 テイラー・スウィフト 6,400万ドル
12位 ジェイ・Z 6,000万ドル
12位 ディディー 6,000万ドル
12位 ブルーノ・マーズ 6,000万ドル
15位 ジャスティン・ティンバーレイク 5,700万ドル
16位 ピンク 5,200万ドル
17位 マイケル・ブーブレ 5,100万ドル
18位 リアーナ 4,800万ドル
19位 ローリング・ストーンズ 4,700万ドル
20位 ロジャー・ウォーターズ 4,600万ドル
21位 エルトン・ジョン 4,500万ドル
22位 ケニー・チェズニー 4,400万ドル
23位 ケイティー・ペリー 4,000万ドル
24位 ジェイソン・アルディーン 3,700万ドル
24位 ジェニファー・ロペス 3,700万ドル
26位 マイリー・サイラス 3,600万ドル
26位 セリーヌ・ディオン 3,600万ドル
28位 ミューズ 3,400万ドル
28位 ルーク・ブライアン 3,400万ドル
30位 レディー・ガガ 3,300万ドル

女性自身

トピックスRSS

ランキング