過去のバイトが理由でクビに! オーディション番組の候補者が300万ドル求め提訴

WEB女性自身 / 2014年12月12日 0時0分

写真


番組Facebookより
 
 
数多くの候補者の中から、未来のトップモデルを選出するオーディション番組「アメリカズ・ネクスト・トップモデル(以下ANTM)」。視聴率は下がりつつあるものの、2003年の放送開始からすでに21シーズンを数える人気のリアリティショーだ。
 
この番組では、スーパーモデルのタイラ・バンクスがホストを務めているが、今週水曜日に元出演者に訴えられてしまった。
 
訴えを起こしたのは、シーズン17の出演者アンジェリア・プレストン。プレストンはシーズンファイナルまで進みながらも、突如番組を去っていた。訴状によると、プレストンは賞金10万ドルとイタリア版VOGUEの表紙を飾る権利を目前にしながら、不当な理由で降板させられたと主張。
 
彼女が番組から降ろされた理由は「コールガールをしていた過去があることが判明した」ため。ANTMにエントリーする際の規約に、過去の職歴に関するものはなかったとプレストンは強調。契約違反と精神的苦痛に対する慰謝料、そして撮影中のスタッフの怠慢を理由に、製作責任者でありホストのバンクスに対して300万ドルの損害賠償を求めている。
 
バンクス及びテレビ局はこの件に関してまだコメントを発表していない。

女性自身

トピックスRSS

ランキング