オモロー山下記者もイチオシ、芸人がハマる芸人「大自然」

WEB女性自身 / 2017年12月4日 16時0分

写真


(イラスト:ちたまロケッツ)
 
『お笑い』 『海外ドラマ』 『マンガ』 『ラジオ』の4ジャンルを週替わりで、そのスペシャリストが 最推し を指南する『今週の萌えガタリ』。今週は『お笑い』ということで、『オモロー山下』として活動した元芸人で、現在は本誌でタレントのインタビューや対談の記事を担当する山下しげのり記者が最推し芸人を紹介!
 
【最推し芸人】大自然(里・ツッコミ担当/白井・ボケ担当)
 
山下「最近、芸人たちをうならせているのが「大自然」です」
 
編集部「アロハシャツ姿でヒゲが生えてる2人ですよね!」
 
山下「見た目もインパクトありますが、今田耕司さんが『さんまのまんま』でオススメ芸人として紹介したり、ほかにも千原ジュニアさんなど多くの売れっ子芸人がネタを絶賛しているんです」
 
編集部「スローなテンポが独特ですよね。スリムクラブみたい」
 
山下「ツッコミの里くんはスリムクラブの2人と同じ、沖縄出身ですね。でも、彼らが芸人にウケているのはそこだけじゃありません。白井くんの突飛なボケに、里くんが優しく諭すようにツッコむスタイルが新しいんです」
 
編集部「里さんのいい声と、言い回しは包容力があります(笑)」
 
山下「このスタイルはコンビを組むかどうかのときに見えたそうです。2人でコンビを組むか話し合いをしているときに、白井くんが試しに考えてきた『焼き肉屋で肉を焼いてファイアになったときに、その火で肉を溶接して牛を作りたい』というボケに、ツッコまずに里くんは『俺の勘だと、6時間かかると思うけど、やってみようか』と優しくのっかった。この瞬間に白井くんは『このコンビ売れるかも?』と思ったそうです」
 
編集部「ビビッときたんですね! 里さんはのっかるだけじゃなくてツッコミのフレーズも不思議ですよね」
 
山下「里くんのツッコミの中に『そういった印象を受けました』という独特なフレーズがあるのですが、アメリカ人であるお父さんの言い回しがヒントになっているみたいです。子どものころ、サッカーの試合に負けて家に帰ると、お父さんに『試合に負けたが、お前はチームのために一生懸命頑張ったんだろ? そういった背景が見えました』と言われたそう」
 
編集部「確かに独特! でも芸人ウケする芸人さんって、売れるのに時間がかかるイメージがあります」
 
山下「大自然の2人もコンビ結成からは2年目ですが芸歴自体は9年と長い。芸人ウケするネタはぶっ飛んでいて一般に伝わりづらいですからね。しかし、必ず売れます」
 
編集部「ブレークには番組がきっかけになるのでしょうか?」
 
山下「宮川大輔さんは松本人志さんがずっと評価していて、その面白さを世に出したい、と始まったのが『すべらない話』でした。ケンドーコバヤシなら『すべらない話』や『アメトーーク!』といったように、大自然も、そういった人気番組に巡り合えれば、大噴火することは間違いないでしょう」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング