LINE、comm、カカオトーク…無料通話アプリ徹底比較

WEB女性自身 / 2013年5月23日 7時0分


今年4月、サービス開始からわずか2年足らずで、無料通話アプリ「LINE」利用者が全世界で1億5千万人を突破しました。国内での利用者数は約4千500万人。現在、スマートフォンの利用者数は約4千900万人です。無料通話アプリに詳しいITジャーナリストの佐野正弘さん(39)はこう言います。
 
「利用者数の割合から鑑みて、無料通話アプリバトルは初期段階の決着として、LINEが勝利したと判断していいでしょう。ただ、ここ1~2年で一気に広がったアプリですから、またどんでん返しがあるかもしれません。今後は、各企業が機能の差別化を図り、いまだスマートフォンに切り替えていない従来の携帯電話の利用者を、いかにして市場に取り込んでいくかが勝負の決め手になるでしょう」
 
「機能の差別化が決めて」という佐野さんの言葉を受け、各無料通話アプリの違いを見極めるべく、本誌は体験調査を敢行。気になる無料通話アプリ各社の比較は下記のようになりました(※この調査は’13年4月に行ったものです。現在の仕様と異なる場合があります。またアプリに関しても、iPhone版、アンドロイド版、パソコン版などで仕様が異なるものがありますので、あらかじめ、ご了承ください)。
 
【LINE】
・トーク(チャット)同時参加人数上限「100人まで」
・画面の見やすさ「背景の模様替えも可能」
・同時通話機能「1対1のみ(無料)」
・通話音質「通話に問題ない」
・スタンプ、絵文字(有料含む)「数えきれないほどの種類がある。スタンプのデザインが『毒カワイイ』ということで評判」
・国内利用者数(’13年4月の時点)「約4千500万人」
・アプリのプラットホーム化「有り」
・本誌記者が実際に使ってみての感想「最大の武器は利用者数、国内ナンバーワンというところ。友人が使用していれば必然的に利用するようになる案配。アプリゲームのほか、大手企業と提携しての、おトクな情報を配信中」
 
【カカオトーク】
・トーク(チャット)同時参加人数上限「上限なし」
・画面の見やすさ「背景の模様替えも可能」
・同時通話機能「5人まで可能(無料)
・通話音質「ノイズが気になる」
・スタンプ、絵文字(有料含む)「無料で使えるスタンプはLINEを上回る。しゃべるスタンプや動くスタンプも多数」
・国内利用者数(’13年4月の時点)「約1千万人」
・アプリのプラットホーム化「有り」
本誌記者が実際に使ってみての感想「5人同時無料通話機能が便利。LINEより遅れてプラットホーム化を開始。アプリゲームのほか、占いや、雑学系のコンテンツを中心に情報を配信」
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性自身

トピックスRSS

ランキング