岡田准一 姫路の居酒屋での「おもてなし」にニッコリ

WEB女性自身 / 2013年10月7日 7時0分

「官兵衛を演じることが決まってから、姫路に対する愛着を感じています」と語るのは、岡田准一(32)。
 
NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(来年1月5日スタート)の兵庫・姫路ロケを行った、主演の岡田准一に密着した。
 
黒田官兵衛の故郷・姫路に入った岡田は、到着した夜に地元の居酒屋を訪れたという。
 
「店のお兄さんが『お・も・て・な・し』と言って、姫路おでんや“ひねぽん”(鶏料理)などを出してくださったりして、この場所ならではの楽しい時間を楽しみながら、現場に入らせていただきました」と、さっそく地元の人々との触れ合いを。
 
翌日、早朝から市内のお寺や山中を移動し、甲冑姿で撮影に臨む“岡田官兵衛”は、まさに凛々しい戦国武将そのものだった。
 
「撮影現場では、新しく出会う方たちとの人間関係のなかで新たに発見することを大切にしながら、感じるままに演じていければ、と思っています。素敵な官兵衛を演じられればと思っていますので、ぜひ応援してください!」

女性自身

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング