TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERTイベントレポート@パシフィコ横浜・国立大ホール

WEB女性自身 / 2013年10月15日 21時0分

写真


5月に神戸と東京でTEENTOP「No.1 」Asia Tour in Japanを成功させたTEENTOPが、7月14日、15日の2日間、待望のアンコール公演を開催した。正式な日本デビュー前にもかかわらず、約1万席のチケットは即日完売。会場となったパシフィコ横浜・国立大ホールには朝早くから大勢のファンが集まった。

「レッツゴー!夏休み! TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERT」と題した今回の公演は、ステージ上にヤシの木や浮き輪があしらわれ、夏の雰囲気がたっぷり。約5,000席のホールは3階までファンで埋めつくされた。スクリーンにメンバー紹介の映像が流れると、大きな歓声があがる。そして、純白の衣裳に身を包んだTEENTOPがステージ後方から飛びだすと、早くも観客は総立ちとなった。「Walk by…」で幕を開けたステージは「僕と付き合う?」へと続く。

「日本のエンジェルたち、お元気ですか?」
 
MCの第一声はファンへの呼びかけだ。RICKYは「アンコール公演ができたのはみなさんのおかげです」と感謝の言葉を口にする。

L.JOEが「みんなも知ってる夏の曲だよ」と紹介したのはEXILEの「Summer Time Love」。イントロからファンの掛け声も完璧な「香水をつけないで」へと続き、序盤から盛り上がっていく。その一方、メロウな「Girl Friend」、しっとりしたバラード「手の甲がかすめる」、落ち着いたミディアムナンバー「Hello」ではじっくりと歌を聴かせる。「Missing You」ではレーザー光線が降り注ぐなど、趣向を凝らした演出に会場はヒートアップしていった。

CHANGJOが足を怪我したことが明かされたが、本人は「エンジェルのみんなに会ったら治りました」と笑顔を見せる。そして突然「ととのいました!」となぞかけを披露したのはRICKYだ。「今年の夏とかけまして、NIELの唇と解きます」。その心は……「とてもアツいです!」。これにはメンバーも会場も大爆笑。また、グループの団結力が問われるクイズゲームでは、なかなかメンバーの回答がそろわない。罰としてそれぞれが変装かつらをかぶるなど、バラエティ要素も満載だ。

5月の公演とは異なるカバー曲によるソロ・コーナーも大きな見どころであり聴きどころとなった。C.A.PはNellyの「Hey Porshe」を歌いあげ、L.JOEはEpik Highの「寒い」、NIELはChris Brownの「Say Good Bye」、CHANGJOはJason mrazの「Butterfly」、CHUNJI&RICKYはパク・ヒョシンの「愛がほしい」を披露。メンバー各自の個性を活かした楽曲でそれぞれの魅力をアピールした。

TEENTOPは、この7月、デビュー3周年を迎えた。それぞれに感謝の言葉を語るなか、CHUNJIは「たくさんの思い出がありますが、NIELくんには7つぐらい思い出がありますよね」とムチャ振り。それを受け、NIELがステージから客席に下りて「何がありました?」とファンにマイクを向ける一幕も。予想外のNIELとファンの急接近に、会場からは悲鳴に近い歓声があがった。

L.JOEが「僕たちが幼い頃の曲」と紹介したのは「Supa Luv」とデビュー曲「拍手(Clap)」。TEENTOPにとってもファンにとっても思い入れの強い楽曲を立て続けに披露し、盛り上がりは最高潮に達した。

そしてコンサートはいよいよ終盤を迎える。その前にアフロヘア&眼鏡に白衣姿の“Dr.NIEL”がスクリーンに登場。メンバーそれぞれの名前の呼び方をコミカルに実演し、サビの「クニョ(彼女)~!」で思いっきり叫んでみせるなど、最新ヒット曲「Miss Right」を楽しむ方法を伝授。「(サビでは)かなりの変顔になると思いますが、気にしないで。誰も見てないから!」と笑わせる。もちろんその後の「Miss Right」は大盛り上がり。ファンたちのなりふりかまわない(?)絶叫に会場が揺れた。

最後に披露したのは「CRAZY」。しかし、ペンライトの光が揺れるなか「TEENTOP!」と呼ぶ声はやまない。ほどなくしてTシャツ姿のTEENTOPが再登場し、「Angel」を歌った。ステージの端から端まで走りまわり、ファンとの別れを惜しむメンバーたち。会場を舞った紙ヒコウキには「ホントきれいだ」と言葉を漏らす。そして最後のアンコール曲「So Sweet」でこの日の全25曲を締めくくった。

アンコール公演ということもあってか、バックダンサーたちと戯れるようなリラックスした姿を見せるなど、この日のメンバーには余裕さえ感じられた。もちろん生バンドによる演奏を交えたパフォーマンスの力強さは圧倒的だ。楽しい雰囲気のなか、歌で聴かせ、MCで笑わせた今回の公演は、まさにSPECIALなコンサート。ファンたちはひと足早い“夏休み”を満喫した。
------------------------------------------------------------
【セットリスト】
01 Walk by…
02 僕と付き合う?
03 Summer Time Love(EXILE)
04 香水をつけないで
05 Girl Friend
06 手の甲がかすめる
07 Hello ※CHUNJI&NIEL&CHANGJO
08 Mr.Bang ※C.A.P&L.JOE&CHANGJO
09 Hey Porshe(Nelly) ※C.A.P
10 Where's Ma Girl ※C.A.P&NIEL&CHANGJO
11 寒い(Epik High) ※L.JOE
12 Say Good Bye(Chris Brown) ※NIEL
13 Butterfly(Jason Mraz) ※CHANGJO
14 愛がほしい(パク・ヒョシン) ※CHUNJI&RICKY
15 Missing You
16 Stop Girl
17 To You
18 Supa Luv
19 拍手(Clap)
20 Miss Right
21 I Wanna Love
22 Why
23 CRAZY
24 Angel
25 So Sweet
------------------------------------------------------------


レッツゴー!夏休み!TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERT KNTVにて日本初放送
『レッツゴー!夏休み! TEENTOP SUMMER SPECIAL CONCERT』
10月31日(木)
午後11時15分~深夜0時55分
TEENTOP ジャパンオフィシャルファンクラブ http://www.teentop.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング